ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 分類でさがす > 健康・福祉 > 健康 > 健康維持・増進 > 新型コロナウイルス感染症関連情報

新型コロナウイルス感染症関連情報

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年5月28日更新

緊急事態宣言が解除されました

 5月25日、政府は新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づく緊急事態の宣言を解除しました。これを受け、県からは次のことが呼び掛けられています。

  • 県をまたぐ移動については、5月中は全ての都道府県との間の不要不急の移動を厳に控えていただくよう、また、6月1日以降は、北海道、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県の5都道県との間の移動に限り、慎重に判断されるようお願いいたします。6月19日以降は、県をまたぐ移動にかかる制約はいたしません。
  • これまでクラスターが発生しているような施設への外出については、極力慎重に判断されるようお願いしてきましたが、6月1日以降は、業種別ガイドライン等感染防止策の状況等に応じ、段階的に緩和していきます。

新型コロナウイルス感染症の相談・受診の目安が変更されました

 厚生労働省は、新型コロナウイルス感染症の相談・受診の新たな目安を5月8日に公表しました。新たな目安では、「37度5分以上」という表記を取りやめました。次の症状がある場合はすぐに相談してください。

  • 息苦しさや強いだるさ、高熱などの強い症状がある場合
  • 高齢者など重症化しやすい人で発熱やせきなど比較的軽い風邪の症状がある場合
  • 重症化しやすい人でなくても、発熱やせきなど比較的軽い風邪の症状が続く場合

 相談目安について、詳しくはこちらをご覧ください。

市内での発生状況

 感染者数入院中(準備中を含む)退院
累計3人0人3人

 市内での発生状況について、詳しくはこちらをご覧ください。

感染予防

「新しい生活様式」の実践をお願いします

 新型コロナウイルスの感染拡大防止のためには、日常生活の中で「新しい生活様式」を実践することが重要です。
 新しい生活様式とは、感染防止の3つの基本である「身体的距離の確保」「マスクの着用」「手洗い」のほか、こまめな換気や毎朝の体温測定、日常生活の各場面における生活様式を示したものです。実践例を参考に、一人ひとりの感染防止対策をお願いします。
 新しい生活様式について、詳しくはこちらをご覧ください。

3つの密を避けてください

 風邪や季節性インフルエンザへの対策と同様に一人ひとりの咳エチケットや手洗いなどがとても重要です。感染のリスクが高いとされているのは、換気の悪い密閉空間、多数の人が集まる密集場所、間近で会話をする密接場面です。このような場所を避け、不要不急な外出をしないなどの対策をお願いします。

 感染予防について、詳しくはこちらをご覧ください。

相談窓口

帰国者・接触者相談センター

 電話番号:0254-26-9651(新発田地域振興局健康福祉環境部医薬予防課(新発田保健所))
 受付時間:平日は午前8時30分から午後5時15分まで、土曜日・日曜日・祝日は午前9時から午後5時まで(夜間は警備員室につながります。電話番号をお伝えいただき、担当者から折り返し連絡します)

新潟県新型コロナウイルス感染症コールセンター

 電話番号:025-282-1754
 受付時間:月曜日から金曜日(祝日除く)の午前8時30分から午後5時まで

 このコールセンターは、症状がない方やどこに相談したらよいか迷った方の相談を受ける窓口です。ご自身の症状に不安がある方は、症状に応じて帰国者・接触者相談センターで相談を受け付けています。

 相談窓口について、詳しくはこちらをご覧ください。

公共施設の再開

 公共施設については、5月8日から順次再開しています。
 現在も休止している施設については、こちらをご覧ください。