白鳥の渡来地・瓢湖 最新情報

更新日:2021年02月26日

ページID : 2845

現在の白鳥飛来数

白鳥飛来数看板 2月26日 2,486羽

白鳥観察舎に設置している白鳥飛来数看板です。

白鳥を見るなら早朝か夕方がお勧め

白鳥の渡来地として全国的に有名で、ラムサール条約登録湿地でもある瓢湖。

白鳥は、毎年10月上旬に第一陣が訪れ、3月下旬まで滞在しています。

11月下旬のピーク時には、5000羽を超える白鳥が見られることもあります。

瓢湖に昼間来た人からよく言われるのは「白鳥があまりいない」ということ。白鳥は昼間は周辺の田んぼへ食事に出かけてしまいます。

瓢湖が最も美しいのは日の出ごろで、朝焼けに染められた五頭連峰をバックに白鳥が飛び立つ姿は必見です。

瓢湖ライブカメラ

瓢湖の今の姿を見ることができるライブカメラ。渡り鳥たちが湖面で過ごす様子を 3分間隔のリアルタイム映像で確認できます。

 

瓢湖ライブカメラ01

瓢湖ライブカメラ02

  • Google Chrome、Microsoft Edgeでライブカメラ映像を閲覧できない事象が発生しています。お手数ですが、別のブラウザ(Internet Explorer、Firefox、Safari等)をご利用くださいますようお願いします。
  • システムのメンテナンスなどで、一時休止する場合があります。

白鳥飛来数の推移

瓢湖 白鳥飛来数推移グラフ 2月26日

令和2年度の白鳥の渡来状況

トピックス

昨年度の白鳥の渡来状況

白鳥おじさん活動開始!

10月10日(土曜日)から白鳥おじさんの活動が始まりました。

午前9時、午前11時、午後3時の1日3回、えさやりを行います。

白鳥おじさんの「こーい、こーい」の声に白鳥やカモなどの水鳥が集まってくる様子は圧巻の一言。

白鳥やその他の水鳥がたくさん集まりますので、瓢湖に訪れる際はこの時間がおすすめです。

(注意)実施しない日もありますので、お問い合わせください。

白鳥おじさんのえさやりの様子

「白鳥おじさん」とは

昭和29年、吉川重三郎さんが日本で初めて野生の白鳥の給餌に成功したことで全国的に有名となりました。

2代目吉川繁男さんが平成6年に高齢を理由に引退してから20年近く不在となっていましたが、平成25年1月に3代目白鳥おじさんとして齋藤功さんが就任しました。

今年度も白鳥のえさやり、観光客のガイドを行います。

瓢湖のその他鳥類

ヒドリガモ、アメリカヒドリ、マガモ、カルガモ、オナガガモ、コガモ、キンクロハジロ、ハシビロガモ、ホシハジロなどのカモ類やアオサギ、ダイサギ、コサギ、オオバンなどの鳥類も見ることができます。

この記事に関するお問い合わせ先

産業建設部 公園管理事務所 公園管理係

〒959-2013
新潟県阿賀野市水原314番地19

電話:0250-62-2690 ファックス:0250-63-2055
メールフォームによるお問い合わせ