【受付は終了しました】令和3年度虹の架け橋住宅取得支援事業

更新日:2021年03月25日

ページID : 7809

令和3年度虹の架け橋住宅取得支援事業の申請の受付は、終了しました。

制度の概要

子育て世代および多世代の定住化を促進するとともに、地域経済の活性化を図るため、市内に住宅を取得する人に対し、予算の範囲内において補助金を交付します。

受付期間

令和3年4月1日(木曜日)~

新築・改築は、工事着手前に申請が必要です。
中古・建売住宅購入の場合は、契約締結後3ヶ月以内に申請が必要です。

事業完了期限(住宅の取得期限)

補助金交付決定以降から令和4年3月31日(木曜日)まで。
なお、期限までに工事が完了できない場合は、ご相談下さい。

補助対象者(次の全てに該当する人)

  • 令和3年4月1日現在において、年齢が45歳未満の人。
  • 自ら居住の用に供するために本市に住宅を取得し、かつ、取得する住宅に2人以上で居する人。
  • 過去にこの告示の規定による補助金の交付を受けたことがない人。
  • 住宅の取得が公共補償等によらない人。
  • 市税を滞納していない人。ただし、転入者にあっては、転入前の市町村税に滞納がない人。

なお、自己の名義で住宅を登記すること。(共有名義で登記する場合は、申請者が2分の1以上の持分を有すること。)

補助金額

補助金額は、次の表の区分により算出した額を合算した額です。
この場合、それぞれの区分において算出した額に1,000円未満の端数が生じた場合は、これを切り捨てた額とします。なお、契約金額については土地代金を除きます。

転入者の方(最高100万円)

補助対象経費

住宅(新築、改築(全面改築のみ該当)、建売住宅および中古住宅)の取得

補助上限額について

区分

補助上限額

基本額
契約金額×1%

10万円

加算額
転入者に該当:契約金額×3%

30万円

加算額
多世代世帯(親と子と孫が同居する世帯)に該当:契約金額×1%

10万円

加算額
子育て世帯(令和3年4月1日現在において、15歳以下の子が同居する世帯)に該当
子供1人:契約金額×1%

10万円

加算額
子育て世帯(令和3年4月1日現在において、15歳以下の子が同居する世帯)に該当
子供2人:契約金額×2%

20万円

加算額
子育て世帯(令和3年4月1日現在において、15歳以下の子が同居する世帯)に該当
子供3人:契約金額×3%

30万円

加算額
子育て世帯(令和3年4月1日現在において、15歳以下の子が同居する世帯)に該当
子供4人以上:契約金額×4%

40万円

加算額
市内業者の利用による住宅の取得:契約金額×1%

10万円

市内在住の方(最高70万円)

補助対象経費

住宅(新築、改築(全面改築のみ該当)、建売住宅および中古住宅)の取得

補助上限額について

区分

補助上限額

基本額
契約金額×1%

10万円

加算額
多世代世帯(親と子と孫が同居する世帯)に該当:契約金額×1%

10万円

加算額
子育て世帯(令和3年4月1日現在において、15歳以下の子が同居する世帯)に該当
子供1人:契約金額×1%

10万円

加算額
子育て世帯(令和3年4月1日現在において、15歳以下の子が同居する世帯)に該当
子供2人:契約金額×2%

20万円

加算額
子育て世帯(令和3年4月1日現在において、15歳以下の子が同居する世帯)に該当
子供3人:契約金額×3%

30万円

加算額
子育て世帯(令和3年4月1日現在において、15歳以下の子が同居する世帯)に該当
子供4人以上:契約金額×4%

40万円

加算額
市内業者の利用による住宅の取得:契約金額×1%

10万円

申請時期にご注意下さい

新築・改築は、工事着手前に申請が必要です。
中古・建売住宅購入の場合は、契約締結後3ヶ月以内に申請が必要です。

申請書を提出して下さい

申請については、下記のご利用手引きをご確認の上、申請書と添付書類を合わせて建設課窓口へ提出して下さい。
必要な書類は、建設課窓口にあります。下記の様式等ダウンロードからも入手できます。また、事業についてのアンケートにご協力下さい。

様式等ダウンロード

この記事に関するお問い合わせ先

産業建設部 建設課 都市計画建築係

〒959-2092
新潟県阿賀野市岡山町10番15号

電話:0250-61-2480 ファックス:0250-61-2037
メールフォームによるお問い合わせ
みなさまのご意見をお聞かせください
このページの内容は分かりやすかったですか
このページは見つけやすかった