新型コロナウイルスワクチン接種について

更新日:2024年02月15日

ページID : 7717

重要なお知らせ

新型コロナワクチンの「特例臨時接種」終了について

現在「特例臨時接種」として公費負担で実施しているワクチン接種は、令和6年3月31日で終了します。
なお、市内医療機関での接種は3月26日で終了します。
接種を希望のする人は期間内に予約してください。
予約受付は3月24日までです。

令和6年4月1日以降の新型コロナワクチン接種について

令和6年4月1日以降は、重症化予防のため、季節性インフルエンザと同様にB類疾病の定期接種に位置付けられ、費用は原則自己負担(金額は未定)となります。(定期接種対象でない人も任意接種として接種できます)

接種の詳細が決まり次第、お知らせします。

令和5年秋開始接種(令和5年9月20日~令和6年3月31日

対象者は初回接種(1・2回目)が完了しているすべての人です。

令和4年秋開始接種や令和5年春開始接種期間中にオミクロン株対応ワクチンで接種している場合でも接種が可能です。

こちらをご確認ください。

新型コロナワクチン接種の予約

新型コロナワクチン接種予約

接種後の副反応などについての相談窓口

接種後の副反応や体調の変化等については、かかりつけ医または下記にお問い合わせください。

新潟県新型コロナワクチン医療健康相談センター
電話番号 025-385-7762
受付時間 全日 8時30分から18時まで

 

予防接種健康被害救済制度について

予防接種は、感染症を予防するために重要なものですが、健康被害が起こることがあります。
極めて稀ではあるものの、なくすことができないことから救済制度が設けられています。

この救済制度では、予防接種によって健康被害が生じ、医療機関での治療が必要になったり、障がいが残ったりした場合に、予防接種法に基づく救済(医療費・障害年金等の給付)が受けられます。新型コロナワクチンの接種についても、健康被害が生じた場合には、予防接種法に基づいて救済を受けることができます。

詳しくは下記ページをご確認ください。

トピックス

初回接種(1・2回目)
初回接種12歳
小児追加接種
小児初回接種
乳幼児追加接種
乳幼児初回接種
接種状況
接種証明書
転入者
住所地外
送迎支援
相談窓口

外部リンク・参考資料

首相官邸

厚生労働省

新潟県

この記事に関するお問い合わせ先

民生部 健康推進課 予防係

〒959-2092
新潟県阿賀野市岡山町10番15号

電話:0250-62-1781 ファックス:0250-62-2513
メールフォームによるお問い合わせ

みなさまのご意見をお聞かせください
このページの内容は分かりやすかったですか
このページは見つけやすかった