新型コロナウイルス感染症の影響による介護保険料の減免について

更新日:2022年04月01日

ページID : 5267

新型コロナウイルス感染症の影響による介護保険料の減免について

新型コロナウイルス感染症の影響により収入の減少が見込まれ、要件を満たす場合は、申請により保険料の全部または一部を減免します。
なお、令和3年4月1日から令和4年3月31日までに納期限がある保険料の減免申請は令和4年3月31日をもって終了しました。

減免対象者(介護保険第1号被保険者)

1.新型コロナウイルス感染症により、主たる生計維持者が死亡または重篤な傷病(1ヵ月以上の治療を要した)を負った場合

2.新型コロナウイルス感染症の影響により、主たる生計維持者の事業収入、不動産収入、山林収入または給与収入(以下「事業収入等」という。)の減少が見込まれ、次のア、イに該当する場合

ア.令和4年の事業収入等のいずれかが、令和3年分と比べて10分の3以上減少する 見込みであること(令和3年の当該所得金額、合計所得金額が0円以下の場合を除く)

イ.収入減少が見込まれる種類の所得以外の令和3年の所得の合計額が400万円以下であること

 

減免対象に該当するか下記フローチャートをご活用ください。

減免の対象となる保険料

令和3年度分の普通徴収随時期分(令和3年度末に資格を取得したことにより、令和4年4月以降に普通徴収の納期限が設定されているもの)、および令和4年度分の保険料であって、令和4年4月1日から令和5年3月31日までの間に普通徴収の納期限(特別徴収の場合は、特別徴収対象年金給付の支払日)が設定されているものです。

減免額の算出方法

1.主たる生計維持者が死亡または重篤な傷病を負った場合
減免の対象となる保険料が全額免除されます。

2.事業収入等の減少の場合
表1で算出した減免対象保険料額(A×B/C)に表2の合計所得金額の区分に応じた減免割合(D)を乗じて得た額が減免額となります。

減免額=(A×B/C)×D

・令和3年度分の普通徴収随時期分保険料の場合

表1
減免対象保険料額=A×B/C
A:当該第1号被保険者の保険料額
B:第1号被保険者の属する世帯の主たる生計維持者の減少することが見込まれる事業収入等に係る令和2年の所得金額
C:第1号被保険者の属する世帯の主たる生計維持者の令和2年の合計所得金額
表2
世帯の主たる生計維持者の令和元年の合計所得金額 D:減免割合
210万円以下の場合 全部
210万円を超える場合 10分の8

(注意)主たる生計維持者の事業等の廃止や失業の場合は、主たる生計維持者の令和2年の所得の合計額にかかわらず、対象保険料の全部を免除します。

・令和4年度分の保険料の場合

表1
減免対象保険料額=A×B/C
A:当該第1号被保険者の保険料額
B:第1号被保険者の属する世帯の主たる生計維持者の減少することが見込まれる事業収入等に係る令和3年の所得金額
C:第1号被保険者の属する世帯の主たる生計維持者の令和3年の合計所得金額
表2
世帯の主たる生計維持者の令和2年の合計所得金額 D:減免割合
210万円以下の場合 全部
210万円を超える場合 10分の8

(注意)主たる生計維持者の事業等の廃止や失業の場合は、主たる生計維持者の令和3年の所得の合計額にかかわらず、対象保険料の全部を免除します。

申請書類

共通様式 


添付書類
1.主たる生計維持者が死亡または重篤な傷病を負った場合
・医師による死亡診断書
・医師による診断書の写し等

2.事業収入等の減少が見込まれる場合
・令和3年度分の普通徴収随時期分保険料の場合

令和3年中の主たる生計維持者の収入状況が確認できる書類(確定申告書、源泉徴収票、給与明細、帳簿の写しなど)

令和2年中の主たる生計維持者の収入額・所得額が確認できる書類(確定申告書、源泉徴収票など)

申請者の本人確認書類


・令和4年度分の保険料の場合

令和4年中の主たる生計維持者の収入状況が確認できる書類(給与明細、帳簿の写しなど)

令和3年中の主たる生計維持者の収入額・所得額が確認できる書類(確定申告書、源泉徴収票など)

申請者の本人確認書類

申請期限

令和5年3月31日まで

この記事に関するお問い合わせ先

民生部 高齢福祉課 介護保険係

〒959-2092
新潟県阿賀野市岡山町10番15号

電話:0250-61-2475 ファックス:0250-61-2036
メールフォームによるお問い合わせ