ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 分類でさがす > くらしの情報 > 税金 > 税制改正 > 平成28年度(平成27年分)から適用される改正点

平成28年度(平成27年分)から適用される改正点

シェア

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年1月4日更新

ふるさと納税に係る改正

ふるさと納税の拡充

地方公共団体に寄附(ふるさと納税)を行った場合、寄附金額のうち2,000円を超える部分について、所得税の寄附金控除と市・県民税の寄附金税額控除が適用できる仕組みとなっています。

ふるさと納税における特例控除額の計算方法

適用

住民税適用課税年度

ふるさと納税に係る特例控除額の計算方法

特例控除限度額

改正前

平成26~27年度

(寄附金額-2,000)×{90%-寄附者の所得税率(0~40%)×1.021}

市・県民税

所得割額の1割

改正後

平成28年度~

(寄附金額-2,000)×{90%-寄附者の所得税率(0~45%)×1.021}

市・県民税

所得割額の2割

所得税率一覧はこちら [PDFファイル/25KB]

ふるさと納税ワンストップ特例制度の創設

確定申告の不要な給与所得者等が、確定申告を行わずにふるさと納税の寄附金控除を受けられる制度が創設されました。
この制度は、平成27年4月1日以降に行うふるさと納税が対象となります。適用になると、所得税の減額は発生せず、ふるさと納税を行った翌年度の市・県民税が減額となります。
ただし、次のいずれかに該当する方は、ワンストップ特例制度の適用を受けることができません。

  • 所得税および復興特別所得税の確定申告書の提出義務がある方
  • 所得税および復興特別所得税の確定申告書や市・県民税申告書を提出した方
  • 5団体を超える地方公共団体に寄附を行った方

ワンストップ特例Q&A

ワンストップ特例を受けるために手続は必要ですか?

ふるさと納税を行った全ての自治体に対して「寄附金税額控除に係る申告特例申請書」を提出する必要があります。
この申請書は、ふるさと納税を受けた自治体から送付されます。
ふるさと納税を行った全ての自治体に申請をしないと特例は受けられませんのでご注意ください。

平成27年5月に行ったふるさと納税は、特例の申請をしました。同年1月に行ったふるさと納税の控除を受けるにはどうしたらいいですか?

平成27年1月1日~平成27年3月31日に行ったふるさと納税について寄附金控除を受ける場合は、確定申告が必要となります。この際、特例の申請をした寄附金も含めて確定申告をしないと不利益になる場合があります。

特例の申請をしましたが、農業をやっているので確定申告をする予定です。特例はそのまま受けられますか?

受けられません。確定申告を行うとワンストップ特例の適用を受けることができなくなるので、特例の申請をした寄附金も含めて確定申告する必要があります。

特例の申請を10月に行い、その後12月に住所が変わりましたが、手続は必要ですか?

寄附した年の翌年1月1日までに氏名や住所が変更となった場合は、1月10日までに寄附先自治体に届出をする必要があり
ます。届出様式については、各自治体にお問い合わせください。

特例を受けた場合「所得税の減額は発生せず、翌年度の市・県民税が減額となる」とありますが、
特例を受けずに例年通り確定申告をした場合よりも税額の控除が少なくなるのでしょうか?

どちらの場合を選択しても、控除される税額の合計額は変わりません。

モデルケース

年収400万円の給与所得者(扶養なしで所得税率10%)が、1万円のふるさと納税をした場合

  • 所得税からの減額分(所得控除)
    (10,000-2,000)×10%×102.1%=817円
  • 市・県民税からの減額分(税額控除)
    [基本控除額](10,000-2,000)×10%=800円
    [特例控除額](10,000-2,000)×(90%-10%×102.1%)=6,383円

確定申告をした場合

自己負担額

2,000円

所得税からの減額分

817円

市・県民税からの減額分 7,183円
基本控除額 800円特例控除額 6,383円
ワンストップ特例を受けた場合

自己負担額
2,000円

市・県民税からの減額分 8,000円
817円800円6,383円

※収入や扶養状況、寄附金額などから寄附金の自己負担額が変わる場合がありますのでご注意ください。

住宅借入金等特別税額控除(住宅ローン税額控除)の延長

平成26年度税制改正で、住宅ローン控除の居住年の適用期限が1年半延長になりました。

改正前

平成11年1月1日から平成18年12月31日までまたは平成21年1月1日から平成29年12月31日までの間に居住の用に供した場合

改正後

平成11年1月1日から平成18年12月31日までまたは平成21年1月1日から平成31年6月30日までの間に居住の用に供した場合

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)