ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織・課名でさがす > 社会福祉課 > 平成29年9月阿賀野市手話言語条例が制定されました

平成29年9月阿賀野市手話言語条例が制定されました

シェア

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年8月1日更新

平成29年9月 阿賀野市手話言語条例が制定されました

阿賀野市では、手話が言語であるとの認識に基づき、手話への理解や普及を進め、市民のみなさまが安心して暮らすことができる阿賀野市を目指しています。
手話は言語(ことば)です 。手・指や体の動き、視線や表情などを使って表現する言語です。

聴覚障がい者が感じている困りごと

・外見では分からない
・車のクラクションや交通機関の案内放送が聞こえない
・健聴者の会話に入ることができず、コミュニケーションが取りにくい
・困っているときなどに手話ができないからと、声を掛けてもらえない

阿賀野市内の手話サークルです

地域のろう者とともに手話を学び、交流し合う場です。参加してみませんか?

阿賀野市手話サークルあじさい会
○活動場所:水原公民館
○活動回数:週1回水曜日 午後7時~9時頃まで
○活動内容:手話の習得学習や親睦会、手話講習会での講師
見学は自由です。

手話言語条例チラシ [PDFファイル/216KB]

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)