ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 分類でさがす > くらしの情報 > 手続き > マイナンバー制度 > マイナンバー制度による情報連携の試行運用について

マイナンバー制度による情報連携の試行運用について

シェア

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年7月14日更新

情報連携とは

 情報連携とは、マイナンバー法に基づき、これまで国民・住民の皆さまが行政の各種事務手続で提出する必要があった書類を減らすことができるよう、専用のネットワークシステムを用いて、異なる行政機関の間で情報をやりとりする仕組みです。

試行運用について

 平成29年7月18日から全国で情報連携の試行運用が開始されます。

 試行運用は、これまでの添付書類の提出を求める手続方法から、添付書類の提出を省略化する新しい手続方法へ円滑に移行するために行われるものです。試行運用期間中は、従来どおり必要な添付書類を提出していただいたうえで、情報連携による情報確認を併せて実施します。試行運用の実施にご協力をお願いいたします。

 なお、本年秋ごろから情報連携の本格運用の開始が予定されており、本格運用開始後は、一部の添付書類が不要になる予定です。

 詳しくは、マイナンバー制度による情報連携の開始について(内閣府 社会保障・税番号制度のページ)でご確認ください。