ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 分類でさがす > くらしの情報 > 環境・ごみ > 野生の動植物 > 野鳥との接し方に気をつけましょう

野鳥との接し方に気をつけましょう

シェア

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年2月10日更新

死亡した野鳥など野生生物について

野鳥は様々な細菌や寄生虫を持っています。日常においては、過度の接触や餌やりは控え、不必要に追い立てたり、つかまえようとするのは避けてください。

・素手で触らないでください。(素手で触った場合、殺菌効果のある石けんなどで洗い流してください。)

・同じ場所や付近で複数羽死亡しているなど異常と思う場合、阿賀野市役所(市民生活課)へご連絡ください。

野鳥などの排泄物について

・排泄物に触れた後は、手洗いとうがいをしていただければ、過度に心配する必要はありません。

・野鳥の糞が靴の裏や車両に付くことで、鳥インフルエンザウイルスが他の地域へ運ばれるおそれがありますので、糞を踏 まないよう十分注意して、必要に応じて消毒を行ってください。

●県のホームページから詳しい情報を取得できます。

新潟県 野鳥に関する鳥インフルエンザについて