ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 分類でさがす > くらしの情報 > 環境・ごみ > ごみ減量・リサイクル > スプレー缶の取扱い等に、ご注意ください

スプレー缶の取扱い等に、ご注意ください

シェア

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年12月26日更新

スプレー缶には、圧力を高めて液体を外に噴射するためのガスが入っており、8割程度の製品は可燃性のガスが用いられています。

 

スプレー缶を金属のごみに出す際は、中身を使い切って出してください。

 

使い切らずに中身を出す場合は、屋外の風通しの良い、火気のない場所で作業しましょう

 

阿賀野市では、缶に穴を開ける必要はありません。

穴開けには、缶が破裂したり、中身の液体が飛び散って目に入ったりするなどの危険があります。