ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 分類でさがす > くらしの情報 > 手続き > 引越し・住まい > 住所等を異動したときは忘れずに届け出を行いましょう
ホーム > 分類でさがす > くらしの情報 > 手続き > 住民票 > 住所等を異動したときは忘れずに届け出を行いましょう

住所等を異動したときは忘れずに届け出を行いましょう

シェア

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年3月1日更新

住所等を異動したときは忘れずに届出を行いましょう

住民票(住民基本台帳)は、住所や転入、転出状況、世帯構成などを記録・証明するものです。選挙人名簿、就学、国民健康保険、国民年金、介護保険などの行政サービスの基本となります。住所等を異動した場合は、忘れずに届け出をしてください。

住所変更届の一覧

届出の種類

届出のとき

いつまでに

必要なもの

転入届

市内に住所を移したとき

転入した日から14日以内

  • 転出証明書
  • 印鑑
  • 届出人の本人確認書類
  • 家の権利書または確認申請書
  • マイナンバーカードまたは通知カード

転出届

市外に住所を移すとき

転出する日までに

  • 印鑑
  • 届出人の本人確認書類
  • 印鑑登録証(登録している人のみ)

転居届

市内で住所が変わったとき

転居した日から14日以内

  • 印鑑
  • 届出人の本人確認書類
  • 家の権利書または確認申請書
  • マイナンバーカードまたは通知カード

※異動のある人で、国民健康保険証・後期高齢者医療保険証・介護保険証・住民基本台帳カードをお持ちの人は持参してください。
※本人または同一世帯の人以外の人が手続きするときは、届出人の本人確認書類(本人確認書類一覧 [PDFファイル/135KB])のほかに委任状(委任状 [PDFファイル/48KB])の添付が必要となります。

関連ホームページ

総務省ホームページ(外部リンク)

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)