ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

中小河川における水質調査

シェア

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年3月15日更新

 中小河川の水が汚れていないかを監視するため、定期的に水質調査を実施しています。

  水質調査地点 [PDFファイル/661KB]

 

 通年水質調査(11河川、12地点で)では、毎月の調査で得られた水質データのうち、主に水の汚れの代表的な指標となる生物化学的酸素要求量(BOD)から、川の水質の変化をみています。
 また、一般監視調査21地点(うち3地点は通年水質調査と重複)でも、BODから水が汚れていないかをみています。

 

生物化学的酸素要求量(BOD)
 一定の条件下で微生物が有機物を分解する際に消費する酸素量が、分解される有機物の量と同じになることから、水中の有機物による汚れを示す指標のひとつとして用いられているものです。
 有機物が増えて川が汚れると、この数値が高くなります。
 環境省が定める「生活環境の保全に関する環境基準」では、10ミリグラム/リットル以下が日常生活において不快感を生じない限度とされています。

 

平成27年度水質調査結果

  平成27年度水質調査結果(速報) [PDFファイル/107KB]

 

水質状況の評価(平成26年度)

 一年間のBODの検出値を基にした評価値(BOD75%水質値)により、通年水質調査13地点の水質状況を評価しています。

通年監視調査地点12河川、13地点
平成26年度環境基準類型
AA類型:0河川
A類型:5河川、5地点(B12折居川山倉橋、B2安野川上流里大橋、B6大荒川白川堰、B1都辺田川中山橋上流、B27黒石川海老漉川合流部)
B類型:6河川、6地点(B3駒林川駒林、B11塚田川卯ノ木橋、B7大通川下流、B25籠尻川下里、B28逆川原町、B24新座川後興野橋)
C類型:0河川
D類型:1河川、1地点(B29六野瀬放水路久保)
E類型:1河川、1地点(B26籠尻川旧焼山揚水機場下流)
※平成26年度のBODを指標とする環境基準類型。
 

 生活環境の保全に関する環境基準 [PDFファイル/143KB]

 

BOD75%水質値
 BODの年間調査データを基に、統計学的手法により水質の程度を評価するものです。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)