ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

犬に関する各種手続き

シェア

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年5月1日更新

 生後91日以上の犬を飼っている方は、狂犬病予防法により犬の登録(生涯に1回)と狂犬病予防注射(毎年1回)が義務づけられています。
 飼い主は、市民生活課または各支所市民生活窓口で必要な手続きをしてください。

犬の登録申請

 飼い主は犬の登録(生涯に1回)を申請し、市から鑑札の交付を受けてください。

犬の登録・狂犬病予防注射済票交付申請書 [Wordファイル/34KB][PDFファイル/13KB]

 新規登録手数料が1件につき3,000円が必要になります。ただし、転入などすでに登録済みの場合は手数料はかかりません。※開業獣医師でも申請できます。

注射済票

 飼い主は年1回必ず狂犬病予防予防注射を行わなければなりません。
 市で行う集合注射か、動物病院に行って予防注射を受けてください。そのときに狂犬病予防注射済票を交付します。

 注射料金の他に注射済票交付手数料は1件につき550円が必要になります。

 ※開業獣医師で予防注射を行ったときは、獣医師から交付される「注射済証」を提示し、市に申請してください。

登録内容変更届

 犬の登録内容が変更になった場合は届け出が必要です。
 犬の住所変更の場合は、旧住所地で渡された犬鑑札も一緒に提出してください。犬鑑札の無い場合は、犬が登録されていたことを証明できるものを提示してください。証明できない場合は、旧住所の市区町村へ確認後に登録となりますので時間がかかる場合があります。

犬の登録事項変更届 [Wordファイル/34KB][PDFファイル/14KB]

鑑札、注射済票再交付申請

 犬鑑札もしくは注射済票を紛失した場合に再交付できます。
 鑑札もしくは注射済票の再交付を申請してください。犬鑑札の再交付は1件につき1,600円、狂犬病注射済票の再交付は1件につき340円の手数料が必要になります。

犬鑑札・注射済票再交付申請書 [Wordファイル/30KB][PDFファイル/10KB]

死亡届

 犬が死亡した場合は届け出が必要です。

犬の死亡届 [Wordファイル/29KB][PDFファイル/10KB]

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)