ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 分類でさがす > 市政情報 > 市の概要 > 統計情報 > 平成30年住宅・土地統計調査を行います

平成30年住宅・土地統計調査を行います

シェア

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年8月8日更新

住宅・土地統計調査とは


 住宅・土地統計調査は、住生活に関する最も基本的で重要な調査で、全国約370万世帯の皆さんを対象とした大規模な調査です。
 今回の調査では、住宅数や国民の居住状況だけでなく、(1)「高齢化社会を支える住環境」(2)「耐震性、防火性等の住宅性能水準の達成度」(3)「土地の利用状況」のほか、「空き家等対策の推進に関する特別措置法」が施行されたことにより「空き家の実態」を把握することを狙いとしています。

調査期日

平成30年10月1日現在

調査対象

 総務大臣が指定する調査区から無作為に抽出された世帯を対象に調査を行います。
 阿賀野市では、137調査区が指定され、約2,400世帯(1調査区あたり17世帯)が対象となります。

調査内容

現住居に関すること

部屋の数や面積、敷地面積、建物の構造・建て方、高齢者のための設備の有無など

世帯に関すること

世帯構成、年間収入、現住居に入居した時期・家賃など

現住居以外の住宅に関すること

所有の有無、空き家の所有状況、住宅の用途など

現住居以外の土地に関すること

所有の有無・種類など

回答・提出方法

次のいずれかの方法でお願いします。

  • パソコンやスマートフォンを使ってインターネットにより回答する方法
  • 紙の調査票に記入し、専用封筒で郵送により提出する方法
  • 紙の調査票に記入し、統計調査員に提出する方法

調査の流れ

  1. 9月上旬から、統計調査員が調査対象区域を巡回し、各世帯に「調査のお知らせ」を配布します。
  2. 9月下旬までに、統計調査員が調査対象世帯を訪問し、調査関係書類を配布します。
  3. 紙の調査票に記入し、統計調査員に提出する場合、10月以降に、統計調査員が調査票を回収に伺います。

個人情報の保護について

  • 調査により集められた調査票の記入内容は、統計法により厳重に保護されます。
  • インターネット回答における通信も全て暗号化され、回答データは厳重に守られます。
  • 統計調査員をはじめとする調査関係者が、調査で知り得た内容を他に漏らしたり、統計を作成する目的以外に調査票情報を使用したりすることは絶対にありません。

関連サイト

住宅・土地統計調査に関する詳しい情報は、総務省統計局のホームページをご覧ください。

問い合わせ

  • 総務課 庶務係  Tel:0250-62-2510 (内線2603)
  • 住宅・土地統計調査コールセンター Tel:0570-78-3939