ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 分類でさがす > 健康・福祉 > 福祉 > 高齢者 > 介護サービス利用者負担助成制度

介護サービス利用者負担助成制度

シェア

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年7月1日更新

  介護サービス利用者負担助成金

内容

介護保険の在宅サービスを利用した低所得者の方へ助成金を支給します。

対象者

介護保険の要介護および要支援認定を受けている住民税非課税世帯の方

対象となるサービス

在宅介護サービスのうち、下記のサービスが対象となります。

  • 訪問介護(ヘルパー)
  • 訪問入浴介護
  • 訪問看護
  • 通所介護(デイサービス)
  • 居宅療養管理指導
  • 訪問リハビリデーション
  • 通所リハビリテーション(デイケア)
  • 短期入所生活介護・短期入所療養介護(ショートステイ)
  • 福祉用具貸与(レンタル)※自費レンタルは対象外
  • 地域密着型通所介護
  • 小規模多機能型居宅介護
  • 第1号訪問事業
  • 第1号通所事業

助成の範囲

在宅介護サービス利用者負担金のうち、一部負担金(1割負担)の2分の1を助成します。
但し、高額介護サービス費対象の場合は、負担上限額までが対象となります。

対象期間

申請月の前々月から数えて1年以内に利用したサービスが対象です。
早めの申請をお願いいたします。

申請方法

「介護サービス利用者負担助成金申請書」に在宅介護サービス利用負担金の領収書(コピー可、請求書は不可)を添えて申請してください。
※支払済みのサービス負担金が対象。領収印のないものは対象外。
※初回申請時は振込先口座の通帳コピーが必要です。

助成金の支給等

支給決定(または却下)通知書は、申請した月の翌月(中旬~下旬頃)に送付します。助成金は、申請した月の翌月に口座へお振込いたします。

申請書のダウンロード

申請書 [Wordファイル/20KB]申請書 [PDFファイル/208KB]

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)