ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 分類でさがす > 市政情報 > 市政運営・行政改革 > 行政改革 > 平成26年度「事務事業評価」(外部評価)の評価結果を公表します

平成26年度「事務事業評価」(外部評価)の評価結果を公表します

シェア

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年4月1日更新

事業評価の概要

 「事務事業評価」とは、行政が実施している事務事業について「本当に必要な事業なのか?」「目的達成の手段になっているか?」「費用対効果はどうか?」といった観点から評価を行い、行政資源の効率的な配分に役立てる取組です。
 市では、より客観的な視点から事務事業の必要性や効果、効率性等について検証を行うため、識見を有する市民10名で構成される「阿賀野市行政改革推進委員会」に11の事務事業の評価の実施について諮問を行いました。
 「阿賀野市行政改革推進委員会」より評価結果について答申を受けましたので、その内容についてお知らせします。
 なお、この評価結果を踏まえたうえで、事業担当課で改善策等の検討を行うなど、評価結果の反映に向けた取組を進めていくこととしています。

平成26年度の評価結果

事務事業名評価判定結果
重度心身障害者介護手当給付事業費改善
シルバー人材センター支援事業継続
管理運営費(少年自然の家)継続
京ヶ瀬地区農産物加工センター運営費民間
中心市街地活性化事業費継続
安田商工会大売出し事業補助金継続
水原商工会大売出し事業補助金継続
地域活性化プレミアム商品券発行事業補助金継続
観光協会支援事業費継続
水原代官所維持管理費継続
ふるさと農業歴史資料館維持管理費継続

 「阿賀野市行政改革推進委員会」において整理、総括した内容については、平成26年度「事務事業評価」(外部評価) [PDFファイル/299KB]をご覧ください。

 

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)