ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

平成17年度 市の行財政情報

シェア

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年4月1日更新

 阿賀野市の行財政(人事・財政)に関連する情報について掲載しています。

給与・定員管理

1 総括

(1) 人件費の状況(普通会計決算)

区 分住民基本台帳人口
   (16年度末)
歳 出 額
実質収支人件 費
人件費率
B/A
(参考)
15年度の人件費率
16年度48,491 人20,504,295 千円537,052 千円4,567,426 千円 22.28 %18.99

(2) 職員給与費の状況(普通会計予算)

区 分
職員数

給     与     費一人当たり給与費
B/A
給  料職員手当期末・
勤勉手当
計 B
17年度555 人2,217,157  千円235,766  千円896,917  千円3,349,840  千円6,035  千円

(注)1 職員手当には退職手当を含まない。 
2 給与費は当初予算に計上された額である。  

(3) 特記事項

厳しい財政状況を考慮して、平成17年度臨時的な給与削減を実施しています。

給与抑制措置の状況
   ・全職員の給料月額を2%減額した。
   ・管理職手当について、支給額の20%を減額した。     

(4) ラスパイレス指数の状況(各年4月1日現在)

 ラスパイレス指数の状況(各年4月1日現在) の図

 (注)1 ラスパイレス指数とは、国家公務員の給与水準を100とした場合の

地方公務員の給与水準を示す指数である。

2 類似団体平均とは、人口規模、産業構造が類似している団体のラスパイレス指数を単純平均したものである。

2 職員の平均給与月額、初任給等の状況

(1) 職員の平均年齢、平均給料月額及び平均給与月額の状況(17年4月1日現在)

(1)一般行政職
区 分平均年齢平均給料月額平均給与月額
阿賀野市

43 歳 

332,901 円 

369,935 円 

361,566 円 

40.3 歳 

329,728 円 

382,092 円 

類似団体

42.6 歳 

339,468 円 

397,197 円 

371,541 円

(2)技能労務職
区 分平均年齢平均給料月額平均給与月額
阿賀野市49 歳 302,282 円 327,070 円
332,085 円
うち給食調理員47 歳 297,467 円 313,691 円
310,480 円
うち用務員 47 歳 293,932 円 333,973 円
326,986 円
うち運転員54 歳 345,462 円 386,845 円
376,170 円
48.1 歳 285,008 円 316,350 円
類似団体 46.7 歳 304,378 円 336,488 円
323,391 円

民間事業者平均

- 歳 

- 円

- 円

(3)福祉(保育士・幼稚園教諭)職
 
区 分平均年齢平均給料月額平均給与月額
阿賀野市44 歳 331,845 円344,419 円
342,043 円
40.3 歳 334,791 円377,228 円
類似団体42.4 歳 323,712 円350,006 円
336,098 円
(4)消防職
区 分平均年齢平均給料月額平均給与月額
阿賀野市41 歳 327,535 円 366,409円
361,839円
- 歳 - 円 - 円
類似団体40.4 歳 327,744 円 395,662円
361,390円

(注)

1 「平均給料月額」とは、17年4月1日現在における各職種ごとの職員の基本給の平均である。   
2 「平均給与月額」とは、給料月額と毎月支払われる扶養手当、調整手当、 住居手当、時間外 勤務手当などの諸手当の額を合計したものである。 このうち、上段はこれら全ての諸手当込みのものであり、地方公務員給与実態調査において明らかにされてい るものである。また、下段は国家公務員の平均給与月額には時間外勤務手当、特殊勤務手当等の手当が含まれていないことから、比較のため国家公務員と同じベースで再計算したものである。

 (2) 職員の初任給の状況(17年4月1日現在)

 
区    分阿賀野市
初任給2年後の給料初任給2年後の給料
一般行政職大学卒167,286 円
(170,700 円)
180,712 円
(184,400 円)
1種179,800円
2種170,700円
198,600円
184,400円
高校卒136,024 円
(138,800 円)
145,530 円
(148,500 円)
3種138,800円148,500円
技能労務職高校卒133,280 円
(136,000 円)
142,590 円
(145,500 円)
136,000 円 145,500 円
中学卒121,814 円
(124,300 円)
129,262 円
(131,900 円)
      -      -
福祉(保育士)短大卒145,530 円
(148,500 円)
156,996 円
(160,200 円)
      -      -
消 防 職大学卒194,530 円
(198,500 円)
210,406 円
(214,700 円)
      -      -
高校卒153,566 円
(156,700 円)
166,992 円
(170,400 円)
      -      -

  (  )内は給料削減前の額です。

 (3) 職員の経験年数別・学歴別平均給料月額の状況(17年4月1日現在)

区    分 経験年数
10 年~14年
 経験年数
15 年~19年
 経験年数
20 年~24年
一般行政職大学卒267,324 円 314,109 円 370,696 円
高校卒227,467 円 278,597 円 334,707 円
技能労務職高校卒213,264 円 251,811 円 280,955 円
中学卒-円 -円 -円
福 祉 職短大卒240,080 円 -円 333,308 円
消 防 職大学卒-円 -円 -円
高校卒257,276 円 296,466 円 -円

 

 

 

3 一般行政職の級別職員数等の状況

 (1) 一般行政職の級別職員数の状況(17年4月1日現在)

区 分標準的な職務内容職員数構成比
1 級初級係員の職務1人 0.3%
2 級中級係員の職務6人 1.6%
3 級上級係員の職務58人 16.1%
4 級主任の職務60人 16.6%
5 級主査の職務54人 15.0%
6 級主幹、係長、園長、副園長又は副主幹の職務110人 30.5%
7 級課長及び支所長、局長、参事、課長補佐、副参事の職務66人 18.3%
8 級課長及び支所長、局長の職務で任命権者が指定する職務6人 1.6%

  (注)
1 阿賀野市の給与条例に基づく給料表の級区分による職員数である。
2 標準的な職務内容とは、それぞれの級に該当する代表的な職務である。  

(1) 一般行政職の級別職員数の状況(17年4月1日現在)の図

(2) 昇給期間短縮の状況

 
区       分全 職 種
16年度職   員   数       A 580 人
普通昇給期間(12~24月)を
短縮して昇給した職員数
2 人
比        率    B/A 0.3 %

 

 

 

 

 

4 職員の手当の状況

(1) 期末手当・勤勉手当

阿賀野市
1人当たり平均支給額(16年度)
               1,648千円
(16年度支給割合)
      期末手当   勤勉手当
      3.0 月分   1.4 月分
     ( 1.6 )月分  ( 0.7 )月分
(16年度支給割合)         
      期末手当   勤勉手当
      3.0 月分   1.4 月分
     ( 1.6 )月分  ( 0.7 )月分
(加算措置の状況)
職制上の段階、職務の級等による加算措置
 ・役職加算  5~15%
 ・管理職加算   15%
(加算措置の状況)
職制上の段階、職務の級等による加算措置
 ・役職加算   5~20%
 ・管理職加算 10~25%

  (注) ( )内は、再任用職員に係る支給割合である。

(2) 退職手当(17年4月1日現在)

阿賀野市
(支給率)自己都合勧奨・定年
勤続20年21.00 月分27.30 月分
勤続25年33.75 月分42.12 月分
勤続35年47.50 月分59.28 月分
最高限度額59.28 月分59.28 月分
その他加算措置定年前早期退職特例
措置(2%~20%加算)
1人当たり平均支給額5,164 千円26,112千円
(支給率)自己都合勧奨・定年
勤続20年21.00 月分27.30 月分
勤続25年33.75 月分42.12 月分
勤続35年47.50 月分59.28 月分
最高限度額59.28 月分59.28 月分
その他加算措置定年前早期退職特例
措置(2%~20%加算)
1 人当たり平均支給額千円千円
 

 (注) 退職手当の1人当たり平均支給額は、前年度に退職した全職種に係る職員に支給された平均額である。

(3) 特殊勤務手当(17年4月1日現在)

 
支給実績(16年度決算)3,784 千円   
支給職員1人当たり平均支給年額(16年度決算)26,836 円   
職員全体に占める手当支給職員の割合(16年度)24.31 %   
手当の種類(手当数)11     
手当の名称主な支給
対象職員
主な支給対象
業務
左記職員に対する
支給単価
防疫作業手当従事した職員感染症防疫作業日額 500円
除雪作業手当建設課職員除雪作業日額4時間以上 1,500円
   4時間未満  700円
用地交渉手当建設課職員用地の取得・物件の補償に関し、交渉する業務日額   600 円   
行旅死亡人死体処理手当市民生活課職員行旅死亡人収容作業日額  2,000円   
畜獣死体処理手当市民生活課職員畜獣死体処理作業日額   500 円   
夜間業務手当消防職員夜間の消防業務日額 深夜全部    450円
   深夜2時間以上 300円
   深夜2時間未満 200円
税務事務手当税務課職員物件の差押及び引き上げ及び滞納整理日額 滞納処分 1,200円
    滞納整理  200円
精神衛生事務手当従事した職員精神障害者に接し、訪問看護又は相談及び護送業務日額  500円   
環境センター
特殊清掃手当
環境センター職員ごみピット及び焼却炉内の清掃作業日額  1,000円   
環境センター
現業手当
環境センター職員1 日4時間以上現業業務に従事した場合日額  350円   
社会福祉業務手当福祉課職員社会福祉法第15条に規定する指導監督及び現業業務月額  11,000円

 (4) 時間外勤務手当

支給実績(16年度決算)          62,010 千円
職員1人当たり平均支給年額(16年度決算)          117 千円

 (5) その他の手当(17年4月1日現在)

手 当 名内容及び
支給単価
国の制度との異同国の制度と異なる内容  支給実績
(16年度決算)

支給職員1人当たり 平均支給年額
(16年度決算)

扶養手当配偶者   13,500円
その他2人まで6,000円
3人目以降 5,000円
なし75,598 千円272,916 円
住居手当借家:月額 12,000円以上の家賃を支払っている職員に対し、家賃の額に応じ最高27,000円まで支給持ち家:新築、購入後5年間2,500円なし10,944 千円173,714 円
通勤手当交通機関利用者:負担している運賃の額に応じて最高55,000円
自家用車等利用者:片道の
使用距離に応じて2,000円(2~5km未満)から最高24,500円(60km以上)まで支給
なし20,998 千円50,355 円
管理職手当給料月額の 100分の8及び100分の6支給なし21,086 千円357,393 円
夜勤手当午後10時から午前5時までの間勤務する職員に1時間あたりの給与額に100分の25支給なし6,842 千円103,666

 

 

5 特別職の報酬等の状況(17年4月1日現在)

区     分給料月額等

市区町村長
助      役
収  入  役
722,480円(821,000円)
584,970円(629,000円)
550,050円(579,000円)
(参考)類似団体における最高/最低額
1,089,000 円/261,000 円 
 895,000 円/562,000 円 
 810,000 円/539,700 円 

議     長
副  議  長
議     員
341,040 円(348,000円)
269,500円(275,000円)
240,100円(245,000円)
545,000 円/310,700 円 
474,000 円/257,700 円 
450,000 円/210,000 円 



市区町村長
助     役
収  入  役
 (16年度支給割合)
3.3 月分
 
議     長
副  議  長
議     員
 (16年度支給割合)
3.3 月分
    
退


市区町村長
助     役
収  入  役
 (算定方式)        (支給時期)
給料月額×在職月数×44%    任期毎
給料月額×在職月数×26%    任期毎
給料月額×在職月数×23%    任期毎

6 職員数の状況

 (1) 部門別職員数の状況と主な増減理由(各年4月1日現在)

区 分

部 門
職  員  数対 前 年
増 減 数
主な増減理由
平成17年平成16年





議 会
総 務
税 務
民 生
衛 生
農林水産
商 工
土 木
4人
100人
25人
113人
44人
33人
20人
35人
5人
95人
24人
115人
44人
35人
21人
34人
-1人
5人
1人
-2人
-2人
-1人
1人
組織見直しに伴う減
行政改革推進課の新設に伴う増
自主財源確保のための増
退職者欠員不補充
支所組織見直しに伴う減
支所組織見直しに伴う減
前年度数値訂正に伴う増
小  計374人373人1人[参考:類似団体の職員数    ]





教 育
消 防
95人
80人
94人
78人
1人
2人
生涯学習計画策定に係る増
体制強化に伴う増
小  計175人172人3人[参考:類似団体の職員数    ]
公  
営  
企会
業計
等部
  門
病 院
水 道
下水道
その他
353人
26人
15人
17人
358人
27人
17人
19人
-5人
-1人
-2人
-2人
退職者欠員不補充
災害派遣職員配置換えに伴う減
支所組織見直しに伴う減
支所組織見直しに伴う減
小  計411人421人-10人
合  計
 
960人
[ 1,011 ]
966人
[ 1,011 ]
-6人
[   ]

  (注)
1 職員数は一般職に属する職員数である。
2 [   ]内は、条例定数の合計である。

(2) 年齢別職員構成の状況(17年4月1日現在)

 (2) 年齢別職員構成の状況(17年4月1日現在)

区 分20歳
未満
20歳

23歳
24歳

27歳
28歳

31歳
32歳

35歳
36歳

39歳
40歳

43歳
44歳

47歳
48歳

51歳
52歳

55歳
56歳

59歳
60歳
以上
職員数13
52
112
107
91
94
138
141
134
76
1
959

 (3) 定員適正化計画の数値目標及び進捗状況 

(1) 定員適正化目標(数・率)
 
計画期間数値目標
始 期終 期
平成17年 4月 1日平成21年 3月31日48 人純減
 (2) 平成22年4月1日現在における定員の数値目標

 数値目標  48人純減(公営会計等を除く)
  均衡ある職員構成を視野に入れ、定員モデル数値を
 目標とする。

 (3) 定員適正化計画の年次別進捗状況(実績)の概要 (各年4月1日現在)
区 分
部 門

17 年

18 年

19 年

20 年

21 年

22 年

(参考)
数値目標
一般
行政
減 員 7146131241人純減
増 員 22133
差 引 -5-12-5-10-9 
職員数374369357352342333 

   (注)1 計画期間は、17年~21年の5年間である。

 (参考)                             
(各年4月1日現在)
区 分
部 門

17年計画前年

18 年

19 年

20 年

21 年

22 年

(参考)
数値目標
特別
行政
減 員 3342117人純減
増 員 22327
差 引 -1-1-1-4 
職員数175174173172172168 
公営
企業
等会計
減 員 16781510人純減
増 員 75357
差 引 6-1-4-3-8 
職員数411417416412409401 
計 減 員 112317233858人純減
増 員 11971017
差 引 0-14-10-13-21 
職員数960960946936923902

7 公営企業職員の状況

(1) 水道事業

(1) 職員給与費の状況
ア 決算
区分

総費用
  A

純損益又は実質収支

職員給与費
    B

総費用に占める
職員給与費比率
    B/A
(参考)
15年度の総費用に占める職員給与費比率
16年度1,120,641  千円117,683
千円
165,098
千円
 14.73 %16.97 %
イ 予算
区分職員数
給     与     費一人当たり給与費
     B/A
給 料職員手当期末・勤勉手当

計  B

17 年度 27110,726,00013,786,00045,732,000170,244,0006,305,333  

(注)1 職員手当には退職給与金を含まない。
2 給与費は当初予算に計上された額である。

ウ  特記事項

給与削減による17年度削減額
         給料 2,234,000円
         手当 1,305,000円(期末・勤勉、管理職手当)
         計   3,539,000円

(2) 職員の基本給、平均月収額及び平均年齢の状況(17年4月1日現在)
 
区 分平均年齢基本給平均月収額
阿賀野市水道事業42.3 歳343,000 円509,564 円
団 体 平 均    44.1 歳375,763 円577,861 円
事 業 者-歳-円-円

 (注) 平均月収額には、期末・勤勉手当等を含む。

(3) 職員の手当の状況
 ア 期末手当・勤勉手当
 
阿賀野市水道事業団体平均
1人当たり平均支給額(16年度)
1,634 千円
1人当たり平均支給額(16年度)
1,768千円
(16年度支給割合)
      期末手当   勤勉手当
      3.0 月分    1.4 月分
    ( - )月分  ( - )月分
(16年度支給割合)         
      期末手当   勤勉手当
      - 月分    - 月分
    ( - )月分  ( - )月分
(加算措置の状況)
職制上の段階、職務の級等による加算措置 ・役職加算   5~15%
 ・管理職加算   15%

  (注) ( )内は、再任用職員に係る支給割合である。

  イ 退職手当(17年4月1日現在)
阿賀野市水道事業団体平均
(支給率)自己都合勧奨・定年(支給率)自己都合勧奨・定年
勤続20年21.00 月分27.30 月分勤続20年- 月分- 月分
勤続25年33.75 月分42.12 月分勤続25年- 月分- 月分
勤続35年47.50 月分59.28 月分勤続35年- 月分- 月分
最高限度額59.28 月分59.28 月分最高限度額- 月分- 月分
その他加算措置定年前早期退職特例その他加算措置
措置(2%~20%加算) (退職時特別昇給- )
 (退職時特別昇給 実施なし)1人当たり平均支給額 
1人当たり平均支給額千円26,731千円 

(注) 退職手当の1人当たり平均支給額は、12年度から16年度までに退職した全職種
       に係る職員に支給された平均額である。

ウ 調整手当(17年4月1日現在) 

該当なし

エ 特殊勤務手当(17年4月1日現在)
支給実績(16年度決算)162 千円
支給職員1人当たり平均支給年額(16年度決算)6,000 円
職員全体に占める手当支給職員の割合(16年度)74.07%
手当の種類(手当数)  3
手当の名称主な支給対象職員主な支給対象業務左記職員に対する支給単価
緊急出動手当全般 緊急の出動に伴う時間外勤務出勤1回当り 1,300 円
(1日1支給を限度)
給水停止処理手当業務課水道料金滞納整理における給水停止の執行1日当り 300円
年末年始日勤務手当浄水場年末年始 (12/29~1/3)の浄水場勤務1日当り 1,300円 
オ 時間外勤務手当  
支給実績(16年度決算)2,629 千円 
職員1人当たり平均支給年額(16年度決算)97 千円 
支給実績(15年度決算)886 千円 
職員1人当たり平均支給年額(15年度決算)24 千円

 (注) 時間外勤務手当には、休日勤務手当を含む。

 カ その他の手当(17年4月1日現在)
 
手当名内容及び支給単価一般行政職の制度との異同一般行政職
の制度と異
なる内容
支給実績
(16年度決算)
支給職員1人当たり平均支給年額(16年度決算)
扶養手当配偶者 13,500円 
その他2人まで6,000円
3人目以降5,000円
同様なし4,399 千円244,389 円
住居手当借家:月額 12,000円以上の家賃を支払っている職員に対し、家賃の額に応じ最高27,000円まで支給
持ち家:新築、購入後5年間2,500円
同様なし1,248 千円249,600 円
通勤手当交通機関利用者:負担している運賃の額に応じて最高55,000円
自家用車等利用者:片道の使用距離に応じて2,000円(2~5km未満)から最高24,500円(60km以上)まで支給
同様なし888 千円55,500 円
管理職手当給料月額の 100分の8及び100分の6同様なし1,346 千円336,455 円
(4) 定員適正化計画の数値目標及び進捗状況
 ア 定員適正化目標(数・率)
 
計画期間数値目標
始 期終 期
平成17年4月1日平成22年4月1日2人の純減
8%の純減
イ 平成22年4月1日現在における定員の数値目標 

 数値目標      2人の純減
 基本的な考え方
 職員1人当たりの給水人口、有収水量、営業収益を他の類似団体と比較しながらスリム化を図る。

ウ  定員適正化計画の年次別進捗状況(実績)の概要
 
 
基準日H11.4.1H12.4.1H13.4.1H14.4.1H15.4.1H16.4.1H17.4.1
職員数(人)41403938372726
純減数(人)11111101
特記事項合併

 

 

(2) 病院事業

(1) 職員給与費の状況
ア 決算
区分

総費用

純損益又は
実質収支

職員給与費

総費用に占める
職員給与費比率
    B/A
(参考)
15年度の総費用に占める職員給与費比率
16年度5,297,017  千円-357,093
千円
3,035,597
千円
 57.31 %
57.24 %
イ 予算
区分職員数
給     与     費一人当たり給与費
B/A
給 料職員手当期末・勤勉手当

計  B

17 年度 3521,482,060
千円
453,069
千円
591,946
千円
2,527,075
千円
7,179 千円

(注)1 職員手当には退職給与金を含まない。
2 給与費は当初予算に計上された額である。   

ウ  特記事項
     厳しい財政状況を考慮して、平成17年度臨時的な給与削減を実施しています。

給与抑制措置の状況

  • 全職員の給料月額を2%減額した。
  • 管理職手当について、支給額の20%を減額した
 (2) 職員の基本給、平均月収額及び平均年齢の状況(17年4月1日現在)
 
区 分平均年齢基本給平均月収額
阿賀野市病院事業42.5 歳341,804 円491,105 円
団 体 平 均-歳-円- 円
うち医師42.0 歳563,267 円1,257,884 円
うち看護師36.5 歳296,892 円480,376 円
うち事務職43.7 歳358,266 円554,443 円
事  業  者-歳-円-円

 (注) 平均月収額には、期末・勤勉手当等を含む。

(3) 職員の手当の状況
ア 期末手当・勤勉手当
阿賀野市病院事業団体平均
1人当たり平均支給額(16年度)
1,616千円
1人当たり平均支給額(16年度)
1,547千円
(16年度支給割合)
      期末手当   勤勉手当
       3.0月分    1.4月分
    ( 1.6 )月分  ( 0.7 )月分
(16年度支給割合)         
      期末手当   勤勉手当
      - 月分    - 月分
     ( - )月分  ( - )月分
(加算措置の状況)
職制上の段階、職務の級等による加算措置 ・役職加算   5~15%
 ・管理職加算 10~15%
(加算措置の状況)
職制上の段階、職務の級等による加算措置

 (注) ( )内は、再任用職員に係る支給割合である。

イ 退職手当(17年4月1日現在)
 
阿賀野市病院事業団体平均
(支給率)自己都合勧奨・定年(支給率)自己都合勧奨・定年
勤続20年21.00 月分27.30月分勤続20年- 月分- 月分
勤続25年33.75 月分42.12月分勤続25年- 月分- 月分
勤続35年47.50 月分59.28月分勤続35年- 月分- 月分
最高限度額59.28 月分59.28月分最高限度額- 月分- 月分
その他加算措置定年前早期退職特例その他加算措置
措置(2%~20%加算)(退職時特別昇給- )
(退職時特別昇給実施なし )1人当たり平均支給額6,364千円
1人当たり平均支給額5,482 千円25,699千円 

(注) 退職手当の1人当たり平均支給額は、前年度に退職した全職種に係る職員に支給された平均額である。

ウ 調整手当(17年4月1日現在)
支給実績(16年度決算)14,167千円 
 支給職員1人当たり平均支給年額(16年度決算)566,680円 
支給対象支給率支給対象職員数一般行政職の制度(支給率)
医師10%25人- %
   %
エ 特殊勤務手当(17年4月1日現在) 
支給実績(16年度決算)156,314 千円
支給職員1人当たり平均支給年額(16年度決算)430,617 円
職員全体に占める手当支給職員の割合(16年度)99.2 %
手当の種類(手当数) 6
手当の名称主な支給対象職員主な支給対象業務左記職員に対する支給単価
医師診療手当 医師 診療業務の能率給収入比
宿日直勤務特別手当 当直に当たる職員宿日直勤務に従事医師 8,000 円、半日直4,000円その他4,000円、半日直2,000円
夜勤特別手当 看護師、介護職員三交代勤務で午後10時から翌日の午前5時まで従事看護師  深夜 2,700円
       準夜 2,500円
介護職員 深夜 2,200円
       準夜 2,000円
特別休日手当 全職員特別休日
 12/31、1/1       3,700円
 12/29、12/30、1/2、1/3
2,200円
医局長手当 医師医局長 20,000円/月 
救急従事手当 技師、看護師、当直従事職員当直業務を命ぜられた者及び待機拘束中に呼出を受けた時拘束 1回   1,800円
呼出、宿日直 1回 900円
オ 時間外勤務手当 
 
支給実績(16年度決算)78,097 千円 
職員1人当たり平均支給年額(16年度決算)215 千円 
支給実績(15年度決算)77,487 千円 
職員1人当たり平均支給年額(15年度決算)211 千円

(注) 時間外勤務手当には、休日勤務手当を含む。

 カ その他の手当(17年4月1日現在)
 
手当名内容及び支給単価一般行政職の制度との異同一般行政職の制度と異
なる内容
支給実績
(16年度決算)
支給職員1人当たり平均支給年額
(16年度決算)
扶養手当配偶者 13,500円 
その他2人まで6,000円
3人目以降5,000円
 同様 なし22,722 千円229,515 円
住居手当借家:月額 12,000円以上の家賃を支払っている職員に対し、家賃の額に応じ最高27,000円まで支給
持ち家:新築、購入後5年間2500円
 同様 なし7,579 千円199,447 円
通勤手当交通機関利用者:負担している運賃の額に応じて最高55,000円
自家用車等利用者:片道の使用距離に応じて2,000円(2~5km未満)から最高24,500円(60km以上)まで支給
 同様 なし18,412 千円78,683 円
管理職手当給料月額の 100分の6~100分の20支給 同様 なし22,105 千円442,100 円
初任給調整手当医師に対し、期間に応じ1年未満269,300円~34年未満52,500円を支給58,768 千円2,365,370 円
夜勤手当午後10時から午前5時までの間勤務する職員に1時間あたりの給与額に100分の25支給同様なし26,830 千円
 (4) 定員適正化計画の数値目標及び進捗状況
 ア 定員適正化目標(数・率)
 
計画期間数値目標 
始 期終 期 
平成17年4月1日平成22年4月1日平成17年度353人
平成22年度345人
 イ 平成22年4月1日現在における定員の数値目標

数値目標 事務職 5人減・医師 4人増・看護師、准看護師
 6人減 . 調理師 1人減
 事業にあった人員配置にする。

ウ  定員適正化計画の年次別進捗状況(実績)の概要
 
H12.4.1H13.4.1H14.4.1H15.4.1H16.4.1H17.4.1
 事務605858575550
 医師222323252425
 技師565756565453
 看護師211221224224212212
 調理師151413131313