ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

食品乾燥研究施設利用案内

シェア

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年4月28日更新

目的

阿賀野市の基幹産業の1つである「農業」「食品関連業」を“もうかる産業”にする取組みを始めます。

稲作中心で、地域を代表する園芸農産物を有しない阿賀野市の農業においては、6次産業化に代表されるような農産物の付加価値化と収益向上が求められています。

また、食品関連業においても同様に、差別化された商品づくりやサービス提供が求められています。

その実現のために、市内に食品乾燥研究施設を設置し、新たな常温乾燥技術を有する大学発ベンチャー企業と連携することで、乾燥技術を活用したビジネスを創出できる場を提供します。

ここでいうビジネス創出とは、次のような取り組みを言います。

  1. 農業の6次産業化に取り組む。 
  2. 地元産原材料を使用した商品開発やメニュー開発に取り組む。 など

施設概要

処理能力

食品乾燥機は1台(トレイ10枚)設置しています。

1日の処理検体数は、1検体になります。カットりんごの場合、最大で30kgの処理能力になります。

検体(農産物等)の洗浄・カット等は、当施設で行います。

食品乾燥研究施設

食品乾燥施設 乾燥機

利用条件

対象者

上述目的に合致する者のうち、阿賀野市在住の者、あるいは、阿賀野市で事業を営んでいる者とします。

対象品目

阿賀野市で生産された農産物その他の生鮮食品(その加工品を含む)

利用料

無料となります。 ただし、加工したい農産物等は申請者が調達すること。

提供するサービス内容

農作物等を加工した乾燥品、粉末品をお渡しします。

乾燥加工した際に得られたデータ(乾燥前後の重量、含水率、水分活性など)を提供します。

施設利用手続き

提出書類

利用許可申請時 食品乾燥施設利用許可申請書 [Wordファイル/36KB]

実施報告時 実施報告書 [Wordファイル/20KB]

実施報告書記載例 [Wordファイル/27KB]

提出方法

持参または郵便等

提出先

阿賀野市役所 総務部 企画財政課 企画係 古田島

〒959-2092 阿賀野市岡山町10番15号

利用の流れ

利用の流れ

施設利用上の注意点

実施報告

乾燥品をどのように利用したかなど、取組状況について報告してもらいます。

乾燥データの公表

乾燥および粉末加工したデータは、申請者が特定できないように加工して、市の

ホームページに随時公表します。http://www.city.agano.niigata.jp/soshiki/kikakuzaisei/23141.html

連携企業(作業受託者)

当事業は、新たな常温乾燥技術を有する大学発ベンチャー企業と連携しています。

企業概要

株式会社 ベジア

ホームページ

http://vegea.jp

相談・問い合わせ

相談

どのように施設を利用すればよいか、食品乾燥技術でできることは何か、など当事業に関する質問・相談があれば、問い合わせ先までご連絡ください。

問い合わせ先

阿賀野市役所 総務部 企画財政課 企画係 古田島

(注意)作業受託者である(株)ベジアへの問い合わせは、ご遠慮願います。

実施要領・公募チラシ

施設利用案内 [PDFファイル/221KB]

 

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)