ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

都市計画

シェア

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年3月28日更新

都市計画とは 

 都市とは、たくさんの人が住み、そして営む生活空間のことです。
 住みよい都市をつくるためには、公共施設の整備はもちろんのこと、一定のまちづくりのルールを決め、それを私たち一人ひとりが守っていくことが大切です。
 都市計画法では、都市の健全な発展と秩序ある整備を図るために「都市計画区域」を定めて、まちの骨格となる道路や下水道などの「都市施設の整備」、土地の使い方や建物の建て方などを定める「土地利用」、また総合的な計画によって、新しいまちをつくったり古いまちをつくり変えるなどの「市街地開発事業」に関する計画を都市計画としています。
 都市計画は、住民みなさんの意見をとりいれながら、県や市が決定します。 

都市計画マスタープランと将来都市像 

 阿賀野市がめざす将来の都市像を具体化するため、都市計画の基本となる「阿賀野市都市計画マスタープラン」を平成18年10月に策定しました。
 このマスタープランは、平成27年度を目標年次(推計人口48,000人)とした長期的な指針であり、これをまちづくりの設計図として各種都市計画の立案・決定をしています。
 「阿賀野市都市計画マスタープラン」では、都市の将来像である“多彩な自然と文化ふれあう田園居住都市 阿賀野”の実現を目指し、市の特性や各地域の実情に則した将来のまちづくり構想を策定しています。

地域別将来像 

“交通の利便と産業集積で築く「安田地域」”
“先進の福祉と緑が共生する「京ヶ瀬地域」”
“優れた住環境と交流で賑わう「水原地域」”
“自然の恵みと温泉が共栄する「笹神地域」”

「阿賀野市マスタープラン」のダウンロード(PDF,7.05MB) 

阿賀野市の都市計画 

区域・地域面積(ヘクタール)備考
都市計画区域約14,913ヘクタール昭和23年7月31日当初指定(水原)、昭和32年4月9日当初指定(安田)、平成10年4月1日当初指定(京ヶ瀬)
平成19年4月1日最終変更
準防火地域  約33ヘクタール昭和50年2月4日当初指定(水原)、昭和62年4月1日当初指定(安田)
平成19年4月1日最終変更
用 途 地 域約619ヘクタール昭和50年2月7日当初指定(水原)、昭和62年4月1日当初指定(安田)
平成26年3月28日最終変更
用途地域名面積(ヘクタール)建ぺい率容積率外壁後退
距離の限度
建築物の
高さの限度
第一種低層住居専用地域約7.5ヘクタール40%80%1.5メートル10メートル
約67ヘクタール50%80%1.0メートル10メートル
約4.2ヘクタール50%100%1.0メートル10メートル
第一種中高層住居専用地域約50ヘクタール60%200%
第二種中高層住居専用地域約40ヘクタール60%200%
第一種住居地域約238ヘクタール60%200%
第二種住居地域約2.2ヘクタール60%200%
準住居地域約18ヘクタール60%200%
近隣商業地域約20ヘクタール80%200%
商業地域約10ヘクタール80%400%
準工業地域約65ヘクタール60%200%
工業地域約92ヘクタール60%200%
用途地域外 70%200%
都   市   施   設
都市計画道路 (18路線 延長41,330メートル)
番号路線名称幅員延長車線数決定年月日備 考
(メートル)(メートル)最終年月日
3.4.1下条日の出線11から18メートル1,640メートル2昭和31年8月6日決定 
平成19年4月1日変更
3.6.2天朝大路線11から18メートル2,140メートル2昭和31年8月6日決定 
平成19年4月1日変更
3.4.3向野大路線16メートル1,020メートル2昭和31年8月6日決定 
平成19年4月1日変更
3.4.4水原停車場線11から18メートル2,670メートル2昭和31年8月6日決定水原駅駅前広場
3,500平方メートル
平成19年4月1日変更
3.5.5下町百津線12から16.5メートル2,240メートル2昭和31年8月6日決定 
平成19年4月1日変更
3.6.6新発田新津線11メートル880メートル2昭和31年8月6日決定 
平成19年4月1日変更
3.6.7長浦水原線11メートル480メートル2昭和31年8月6日決定 
平成19年4月1日変更
3.6.8百津小里線11から18メートル2,770メートル2昭和31年8月6日決定 
平成19年4月1日変更
3.6.9山口外城線11から13メートル3,760メートル2昭和31年8月6日決定 
平成19年4月1日変更
3.4.10中島線16メートル540メートル2平成11年4月15日決定 
平成19年4月1日変更
3.3.11阿賀野バイパス21から28メートル13,480メートル4平成11年3月9日決定 
平成19年4月1日変更
3.4.12北本町線18.5メートル1,040メートル2平成11年3月9日決定 
平成19年4月1日変更
3.4.13国道290号20メートル890メートル2昭和63年3月29日決定 
平成19年4月1日変更
3.3.14白根安田線25メートル930メートル4昭和63年3月29日決定 
平成19年4月1日変更
3.4.15寺社保田久保線16メートル3,260メートル2昭和63年3月29日決定 
平成19年4月1日変更
3.4.16横町門前線16メートル1,000メートル2昭和63年3月29日決定 
平成19年4月1日変更
3.4.17栄町門前竜下線16メートル1,530メートル2昭和63年3月29日決定 
平成19年4月1日変更
3.4.18横町城の内竜下線16メートル1,060メートル2昭和63年3月29日決定 
平成19年4月1日変更
都市計画駐車場 (1箇所)
番号名 称面積(平方メートル)構 造決定年月日備 考
最終年月日
1瓢湖市営駐車場約5,300メートル広場式昭和43年10月8日決定約142台
平成22年4月1日変更
 都市計画公園 (1箇所)
番号名称種別面積(ヘクタール)決定年月日備考
最終年月日
8.5.1瓢湖水きん公園特殊公園約30.4ヘクタール昭和50年2月7日決定 
平成19年4月1日変更
 都市計画下水道 〔公共下水道〕 (2箇所)
名称排水区域幹線管渠決定年月日備考
〔汚水〕(ヘクタール)〔汚水管〕(メートル)最終年月日
阿賀野市公共下水道249ヘクタール5,500メートル平成4年2月18日決定安田浄化センター
(安田処理区)平成19年4月1日変更
阿賀野市公共下水道357ヘクタール2,270メートル平成8年11月21日決定 
(新井郷川処理区)平成19年4月1日変更
 都市計画下水道 〔都市下水路〕 (3箇所)
名称排水区域延長(メートル)決定年月日備考
  (ヘクタール)最終年月日
緑町都市下水路51ヘクタール1,220メートル昭和53年8月1日決定 
平成19年4月1日変更
若葉町都市下水路43ヘクタール1,540メートル昭和53年8月1日決定 
平成19年4月1日変更
金田町都市下水路47ヘクタール1,320メートル昭和57年8月2日決定 
平成19年4月1日変更
名称位置面積(ヘクタール)能力決定年月日備考
阿賀北葬斎場阿賀野市下条字千刈0.9ヘクタール火葬炉 5基平成23年1月13日 

用途地域や都市施設は、市役所3階建設課窓口で確認できます。

都市計画決定の流れ 

 都市計画決定には、都市計画の種類によって、広域的観点から定められるべきものおよび根幹的な都市施設等については県が決定し、その他については市が決定します。
 おおまかな流れは次のとおりです。

【例】阿賀野市が都市計画道路をつくる場合

阿賀野市が都市計画道路をつくる場合の説明画像

都市計画審議会とは 

 都市計画審議会とは、都市計画法に基づき、都市計画に関する事項を調査・審議する機関です。
 都市計画は、都市の将来像を決定するものであり、土地に関する権利にも制限を加えるものでもあることから、都市計画を定めるときは行政機関だけで判断するのではなく、学識経験者等から構成される審議会の調査・審議を経て決定することになっています。

「阿賀野市都市計画審議会条例」のダウンロード(PDF,10KB)

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)