ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 分類でさがす > 健康・福祉 > 健康 > 健康維持・増進 > 食育通信平成29年10月号

食育通信平成29年10月号

シェア

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年10月3日更新

 

「健康塾」フィットネス教室開催中!

 市では、いつまでも健康で元気に過ごしていけるように「塾のコンビニ」事業の一つとして、昨年9月から筋トレマシンなどの各種健康器具を利用した、誰でも気軽に運動を続けることができる「フィットネス教室」をコミュニティーセンター城のうちと市立図書館の2会場で開設しています。

 内容は、コードレスバイクやランニングマシンを使った有酸素運動、筋トレ機器やボールなどによる筋力トレーニング、ストレッチなどの運動をスタッフが優しく丁寧に指導してくれます。また、市管理栄養士による、運動の効果を発揮させるための食事の話の時間などもあり、楽しく、健康づくりに向けた運動を続ることができる教室になっています。

 今年度は5月から7月まで第1期教室を開催しました。参加者からは「ただ漠然と運動してもなかなか痩せない理由が良くわかった」「友達もでき、体の調子もよくなった」「楽しく時間を過ごすことができた」などの声が聞かれました。

 ただ9月から12月までの第2期教室を開催中です。今年度の教室の受付は終了しましたが、フィットネス機器は、いつでも、だれでも利用できるよう一般開放もしていますので、気軽に会場を見学してみてください。

講師、小島先生から一言

3ヶ月経過後の測定では、最大二歩幅が大きく伸びました。これは脚力がついた証拠です。またないぞう内臓脂肪も減っています。運動初心者の方も、運動を続けていた方も、正しい働き方・食べ方で効果が出せることを実感できた教室でした。

 

(問合せ:健康推進課健康づくり支援室 電話62-2510 内線2611)

あがの「ちょい塩」「野菜から食べよう」推進事業実施しています!

 市の健康課題は「脳血管疾患の予防」と「糖尿病による合併症を防ぐ」ことです。脳血管疾患を予防するための減塩と、糖尿病を予防するために効果的な野菜から食べることを推進していくために、市民の皆さまが普段利用するスーパーや飲食店のご協力をいただき、9月からポスターや卓上メモ、レシピの設置をし、「ちょい塩」(減塩)「野菜から食べよう=ベジファースト」推進事業を展開しています。

ポスターや卓上メモをご覧になりましたら、アンケートの記入もご協力をお願いします。

事業協力店舗

サムズウオロク、ウオロク岡山町店、原信水原店、うららの森たからもの屋、ゆうきふれあい村杉直売所、食鮮館名古屋、リズムハウス・瓢湖、JA北蒲みなみ本店、JAささかみ

 

 

詳しくはチラシをご覧ください。食育通信平成29年10月号 [PDFファイル/843KB]

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)