ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 分類でさがす > 健康・福祉 > 医療 > 医療行政 > 新潟大学に『健康寿命延伸・生活習慣病予防治療医学講座』を設置しています
ホーム > 分類でさがす > 健康・福祉 > 健康 > 健診 > 新潟大学に『健康寿命延伸・生活習慣病予防治療医学講座』を設置しています

新潟大学に『健康寿命延伸・生活習慣病予防治療医学講座』を設置しています

シェア

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年1月1日更新

市では、新潟大学医学部血液・内分泌・代謝内科と共同研究を進めている中学生生活習慣病予防事業を一歩発展させ、『健康寿命延伸・生活習慣病予防治療医学講座』を設置しました。

この講座では、今までの研究内容を拡大することで市民の生活習慣病の発症・進行に関する実態と要因を明らかにし、健康増進のための施策立案を科学的かつ効果的に進め、健康寿命日本一を目指すための研究を行うものです。

また、あがの市民病院内に「糖尿病・生活習慣病予防治療センター」を開設し、予防から治療までを一貫して行うことで得られる臨床データの解析と研究も行っております。

講座名称

健康寿命延伸・生活習慣病予防治療医学講座

設置期間

平成27年から3年間

設置場所

新潟大学大学院医歯学総合研究科

主な研究内容

  • 中学生生活習慣病予防事業
  • 20歳の健診データの解析
  • 特定健診結果とレセプトデータの解析
  • 糖尿病・生活習慣病予防治療センターでの臨床データの解析
  • 学部学生および大学院生の教育を目的とした生活習慣病予防プログラムの立案・臨床実習

期待される効果

市が持つ固有の健康問題を明らかにし、市の生活習慣病予防施策に反映できるような事業の提案と、個別の症状にあったきめ細やかな食事や運動指導により重症化を予防し、市が目指す健康寿命の延伸に結びつける。

個人情報保護について

解析に使用するデータは、個人を特定できないように加工された状態で研究目的に使用されます。
申し出があった際は、その理由を確認し、登録された情報の利用停止と削除を行います。