ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織・課名でさがす > 健康推進課 > インフルエンザに注意しましょう

インフルエンザに注意しましょう

シェア

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年12月17日更新

インフルエンザに注意しましょう

 例年12月~3月頃にインフルエンザが流行します。いったん流行が始まると、短期間に多くの人へ感染が拡がるため、個人での予防が大切となります。インフルエンザについて正しい知識をもち、日頃から予防を心がけましょう。

インフルエンザについて

インフルエンザとは

 インフルエンザは、カゼの病原体とは異なるインフルエンザウイルスに感染して発症します。カゼは一般的に鼻水、くしゃみ、咳、発熱などの症状がジワジワ進行しますが、インフルエンザは発症直後から38度以上の高熱が出たり、悪寒、頭痛、全身の関節痛、筋肉痛といった症状がみられます。肺炎などの合併症も起きやすく、悪化すると死に至るケースもあります。高齢者、乳幼児、妊婦、基礎疾患のある人はインフルエンザが重症化しやすいため、ワクチンの接種や、感染の疑いのある人には近づかないなどの予防対策を徹底することが重要です。また、初期症状が現れたらすぐに治療を受けるようにしましょう。

ウイルスはここからやってくる

飛沫感染

 感染者のくしゃみや咳の飛沫が飛び散り、そこに含まれるウイルスを吸い込み感染します。

接触感染

 ドアノブや手すりなどに接触することで手にウイルスがつき、その手で目や口を触ることで、粘膜からウイルスが侵入して感染します。

予防方法

手洗い

 流水と石鹸で手を洗い、ウイルスを流すことが重要です。指先や爪先、指と指の間、手首まで念入りに洗うようにしましょう。手が洗えないときは消毒用アルコール製剤が有効です。アルコールが乾くまで手をこすり合わせましょう。 手洗い方法 [PDFファイル/284KB]

咳エチケット

 咳、くしゃみが出るときは、他の人にうつさないためにマスクを着用しましょう。マスクを持っていない場合はティッシュなどで口と鼻を押さえ、他の人から顔をそむけて1m以上離れましょう。また、手のひらで咳やくしゃみを受け止めた時は、すぐに手を洗いましょう。

適度な湿度の保持

 空気が乾燥すると、気道粘膜の防御機能が低下し、インフルエンザにかかりやすくなります。特に乾燥しやすい室内では、加湿器などを使って適切な湿度(50~60%)を保つことが効果的です。

十分な休養とバランスのとれた栄養摂取

 体の抵抗力を高めるために、十分な休養とバランスのとれた栄養摂取を日ごろから心がけましょう。

人混みや繁華街への外出を控える

 インフルエンザが流行してきたら、特に高齢者や基礎疾患のある人、乳幼児、妊婦は、人混みや繁華街への外出を控えましょう。やむを得ず外出して人混みに入る可能性がある場合は、マスクを着用しましょう。

かかったかなと思ったら

  感染の疑いがある場合はすぐに医師の診察を受けましょう。熱が下がってから2日間は体内にウイルスが残っているので、医師の指示にしたがって完治するまで自宅療養しましょう。 

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)