ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 分類でさがす > 健康・福祉 > 健康 > 健康維持・増進 > 阿賀野市みんなで支えよう「こころ」と「いのち」を守る行動計画(自殺総合対策行動計画)を策定しました

阿賀野市みんなで支えよう「こころ」と「いのち」を守る行動計画(自殺総合対策行動計画)を策定しました

シェア

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年10月1日更新

自殺総合対策行動計画策定の趣旨

全国では、平成10年以降、年間の自殺者数が連続して3万人を超える状況が続いていましたが、平成22年から3万人を下回り、減少傾向に推移しています。しかしながら、依然として数多くの方々が自殺で亡くなられていることに変わりはありません。

阿賀野市においても、平成16年から平成26年の11年間で154人、年平均で14人の市民が自殺により尊い命を失っております。

そこで、市では悩み苦しむ人が孤立せず、家族や地域が共に支え合うあたたかい阿賀野市となるために、「阿賀野市みんなで支えよう『こころ』と『いのち』を守る条例」を策定し、平成26年4月に施行しました。

そして今回、この条例を踏まえ、平成27年10月「阿賀野市みんなで支えよう『こころ』と『いのち』を守る行動計画」を策定しました。

本計画では、自殺対策における現状と課題を明らかにするとともに、自殺対策を総合的かつ効果的に推進するための基本的方向を定め、「人・まち・自然が輝く幸福祉都市 阿賀野」の実現に向け、市民が「いのち」と「こころ」を守り支え合うまちづくりを目指すこととしています。

自殺総合対策行動計画PDF版

阿賀野市みんなで支えよう『こころ』と『いのち』を守る行動計画 全文 [PDFファイル/990KB]

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)