ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 分類でさがす > しごと・観光 > 産業振興 > 融資・助成 > 国の小規模事業者持続化補助金における新型コロナウイルス感染症による影響を受けた事業者の証明書を発行します

国の小規模事業者持続化補助金における新型コロナウイルス感染症による影響を受けた事業者の証明書を発行します

シェア

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年4月1日更新

国の小規模事業者持続化補助金における証明書の発行

中小企業庁では、小規模事業者持続化補助金において、新型コロナウイルス感染症による影響を受けながらも、生産性向上に取り組む事業者を対象に加点措置を講じ、優先的に支援を行います。

これを受けて、阿賀野市では、新型コロナウイルス感染症による影響を受けた事業者の証明書の発行を行います。 

【4月1日新着情報】新型コロナウイルス感染症の影響を受けた事業所への加点措置が第2回受付締切分まで延長されました。

持続化補助金第1回受付締切分(~令和2年3月31日)において、新型コロナウイルス感染症による影響を受けながらも生産性向上に取り組む事業者を対象とした加点措置が講じられていましたが、第2回受付締切分(~令和2年6月5日)まで、引き続き講じられることとなりました。

小規模事業者持続化補助金とは

小規模事業者が行う、経営計画に基づいた新たな販路開拓等、生産性向上に資する取組みを行うために要する経費の一部を支援することを目的とした補助金です。商工会が申請窓口の担当になります。

詳細については下記リンク先をご覧ください。

中小企業生産性革命推進事業(独立行政法人中小企業基盤整備機構)

加点措置に必要な証明書類

次の書類のいずれかが必要となります。

(1) 市区町村が任意様式で証明(認定するもの)

 1 2020年2月から第2回締切日(2020年6月5日)までの任意の1箇月間の売上高が、前年同月と比較して減少したことが分 かる証明

※毎月の締め日が1日から30日でない場合は、締め日に応じた1箇月(1月20日から2月19日、3月5日から4月4日など)の売上高としてください。

 2 創業1年未満の事業者においては、2020年2月から第2回締切日(令和2年6月5日)までの任意の1箇月間の売上高が、新型コロナウイルスによる影響を受ける直前3箇月(例:2019年11月から2020年1月まで)の売上高平均と比較して減少したことが分かる証明

 

市の証明(認定)を受けるには、下記の書類を商工観光課商工振興係の窓口までご持参ください。

・証明書申請書様式 2部  証明書申請書様式 [Wordファイル/14KB]

・売上高を証明する書類(試算表、売上台帳、売上高確認表等)

(2)既存の証明書、認定書の写し(売上減少率が10%以上のものに限る)

 1 セーフティネット保証4号の認定書の写し

 2 危機関連保証の認定書の写し

 3 その他官公庁が発行する、新型コロナウイルスの影響により売上が10%以上減少していることが分かる証明書、認定書(雇用調整助成金の支給通知書の写し、及び売上が10%以上減少していることが分かる申請時の書類など)