ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織・課名でさがす > 地域医療推進課 > 【報道発表】「健康寿命延伸・運動器疾患医学講座」設置に係る協定書締結式を行います

【報道発表】「健康寿命延伸・運動器疾患医学講座」設置に係る協定書締結式を行います

シェア

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年2月26日更新

 4月1日から新潟大学医学部に寄附講座「健康寿命延伸・運動器疾患医学講座」を設置することになりました。。

 この講座では、市民の骨粗鬆症による大腿骨頸部骨折と胸椎・腰椎圧迫骨折、脊椎や関節の変性による運動器の疾患(ロコモ)、骨格筋量および骨格筋力の低下によるサルコペニアの病態と日常生活動作が障害される機序を解明し、健康増進のための施策立案を科学的かつ効果的に進め、健康寿命日本一を目指すための研究を行うものです。

 講座の設置に当たり、阿賀野市と国立大学法人新潟大学との間で寄附講座設置に係る協定書締結式並びに基調講演会を下記のとおり行います。

協定書締結式

日時

平成31年3月22日(金曜日)午後2時20分から

場所

阿賀野市役所 4階 委員会室

基調講演会

講師および演題

講師:新潟大学大学院医歯学総合研究科整形外科・リハビリテーション学分野

    遠藤 直人 教授

演題:「百寿のためのフレイルとロコモ予防~足腰を丈夫にしよう~」

日時

平成31年3月22日(金曜日)午後3時30分から

場所

阿賀野市 水原保健センター 2階 研修室

対象および定員

阿賀野市民を対象に定員150人程度(事前申し込みが必要です)

ダウンロード

報道発表 [PDFファイル/106KB]

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)