ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

埋蔵文化財の活用

シェア

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年4月5日更新

平成31年度 埋蔵文化財活用事業の実施状況

生涯学習課では、遺跡発掘調査や出土品の整理・収蔵・展示などについて、多くの市民の方々に活用していただけるような取り組みを実践しています。

平成31年度に行った活動をご紹介します。

[PDF版]

    ・埋蔵文化財の活用(1) [PDFファイル/417KB]

特別ミニ展示 『令和と阿賀野のうめぇ関係』

新元号決定を祝い、万葉集の梅花の歌32首の序文から引用した新しい元号『令和』にちなんで、阿賀野市内の遺跡出土品の「ウメ」・「モモ」の種、梅護寺の「八ツ房の梅」について、市立図書館内に特別ミニ展示コーナーを設置し紹介しています。

期間 : 平成31年4月5日(金曜日)から令和元年5月6日(月曜日)まで
会場 : 阿賀野市立図書館 (阿賀野市曽郷1028番地)

特別ミニ展示の詳細は、こちら → 祝!新元号決定 【特別ミニ展示】 『令和と阿賀野のうめぇ関係』             

特別ミニ展示全景写真 特別ミニ展示上部写真 特別ミニ展示下部写真

 

他年度の埋蔵文化財の活用状況

  ・平成30年度「埋蔵文化財の活用」のページへ
  
平成29年度「埋蔵文化財の活用」のページへ
 

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)