ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

遺跡発掘調査だより

シェア

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年9月20日更新

遺跡発掘調査について

阿賀野市内には、旧石器時代から江戸時代までの埋蔵文化財包蔵地(遺跡)が、およそ400か所確認されています。

埋蔵文化財包蔵地の範囲内において、民間や県・市により開発行為(掘削を伴う土木工事)が予定される場合は、事前に市によって遺跡発掘調査を実施し、遺跡の記録保存が行われます。


平成30年度発掘調査遺跡一覧

調査事業遺跡名所在地年代調査予定期間
市道牧島小境線道路改良工事に伴う発掘調査蕪木遺跡堀越地内古代、中世5月~8月

 

「遺跡発掘調査だより」について

市で実施している遺跡発掘調査については、埋蔵文化財に興味や親しみを持っていただけるよう、調査の概要を「遺跡発掘調査だより」として公表します。

蕪木遺跡

蕪木遺跡(かぶらきいせき)は、平安・鎌倉・室町時代の遺跡です。市では平成30年7月から発掘調査を行います。平成26~27年度にかけて(公財)新潟県埋蔵文化財調査事業団が行った調査では、長さ19m50cm、幅9m50cm、面積140平方メートルの大きな建物跡(阿賀野市では最大)が確認されています。

 【遺跡発掘調査だより】
  ・蕪木遺跡 発掘調査だより7月号 [PDFファイル/660KB]
  ・蕪木遺跡 発掘調査だより8月号 [PDFファイル/376KB]
  ・蕪木遺跡 発掘調査だより9月号 [PDFファイル/427KB]

過去の遺跡発掘調査

  ・平成29年度「遺跡発掘調査だより」のページへ
 

資料整理の状況

  ・平成30年度「資料整理だより」のページへ
 

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)