ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
上下水道局トップ > 下水道排水設備とは

下水道排水設備とは

シェア

印刷用ページを表示する 掲載日:2013年4月1日更新

排水設備の設置

 下水道(公共下水道)の工事が完了し、下水道が使えるようになると、市から広報によりその旨の連絡が行われ、排水設備を公共ますに接続していただくことになります。
 この排水設備の工事にあたっては、市に排水設備設置の計画確認申請を行う必要があります。そして、工事完了後の検査の結果、合格となれば工事検査済証が発行されますので、使用開始の届け出を行います。これで、いよいよ下水道の使用となります。 

下水道のしくみ

下水道のしくみバナー

  • 排水設備
     台所、おふろ、水洗トイレなどから出た汚水を下水管に流す施設で、市民の皆さんから設置していただくものです。
  • マンホール
     下水管の点検、清掃など維持管理を行うための出入り口です。
  • 下水管
     家庭や事業所から排出される汚水を集め、処理場まで流れるよう、地中に埋設されています。
  • 処理場
     集まった汚水を微生物の働きなどによりきれいな水にし、川や海に流します。

3年以内に水洗トイレに!

 汲取り便所は、公共下水道が使用できるようになった日から3年以内に水洗トイレに改造することが法律(下水道法)で定められています。
 また、公共下水道が使用できる区域では、水洗トイレにしないと家屋の新築等はできません。(建築基準法)

単独処理浄化槽は早々に廃止しましょう

 単独処理浄化槽は、トイレから出る汚水を処理しますが、それ以外の生活排水は、処理をされずに側溝などを通じて河川に放流されています。河川環境保護のため、単独処理浄化槽をお使いの方は、なるべく早く下水道に接続し、浄化槽を廃止してください。
 合併処理浄化槽をお使いの方も、排水設備工事の際には、浄化槽の廃止をしてください。浄化槽をそのまま使用されますと、維持管理の費用も継続して負担することになります。