ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
上下水道局トップ > 「健康のため水を飲もう]推進運動

「健康のため水を飲もう]推進運動

シェア

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年7月10日更新

「健康のため水を飲もう」推進運動

あと2杯の水飲み習慣

 体の中の水分が不足すると、さまざまな健康障がいのリスク原因となります。

 「健康のため、こまめに水を飲みましょう。」

 寝る前、起床時、スポーツ中およびその前後、入浴の前後、そして、のどが渇く前に水分補給を心がけることが重要です。

健康のため水を飲もう

体の水が不足すると……

 私たちが生きていくために「水」は欠くことのできない存在ですが、その摂取量が不十分であることによる健康障がいが多くの悲劇を引き起こしています。児童・生徒などを中心にスポーツなどに伴う熱中症による死亡事故は後を絶ちません。また、中高年で多発する脳梗塞(のうこうそく)や心筋梗塞(しんきんこうそく)なども水分摂取量の不足が大きなリスク原因の一つとなっています。これら脱水による健康障がいや重大な事故などの予防には、こまめな水分補給が効果的です。

健康に過ごすために…水の正しい飲み方「水分補給は、早めに、こまめに!」

 のどの渇きは脱水が始まっている証拠です。渇きを感じてから水を飲むのではなく、渇きを感じる前に水分を摂ることが大切です。水分が不足しやすい、(1)寝る前後・(2)スポーツの前後・(3)入浴の前後・(4)飲酒の後などには、水分を摂ることがとくに大切です。

 水分の摂取量は全般的に不足気味で、平均的にはコップで「あと2杯」の水を飲めば1日に必要な水の量を確保できます。その際、糖分や塩分などの濃度が高いと、吸収までの時間が長くなりますので、注意が必要です。また、アルコールや多量のカフェインを含む飲料は、尿の量を増やし体内の水分を排せつしますので、注意が必要です。
(C) 「健康のために水を飲もう」 推進委員会