ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 阿賀野市消防本部 > 防火対象物に係る表示制度について

防火対象物に係る表示制度について

シェア

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年1月25日更新

防火対象物に係る表示制度の概要

 平成24年5月に広島県福山市で発生したホテル火災を受けて、総務省消防庁から「防火対象物に係る表示制度の実施について」が通知され、平成26年4月1日よりホテル・旅館等に係る新たな表示制度が始まります「防火対象物に係る表示制度」が開始されます。 

制度の内容

 ホテル・旅館等からの申請により消防が審査をおこない、表示基準に適合していると認める場合にはその情報を利用者に提供するための「表示」を行い、利用者の選択を通じて防火安全体制の確立を促すことで、国民の安全・安心を推進するものです。

  • 表示マーク(銀)(有効期限1年)

表示基準適合マーク(銀)

  • 表示マーク(金)(有効期限3年)

 表示基準適合マーク(金曜日)

表示対象物

収容人員が30人以上、かつ、階数が3以上のホテル・旅館等またはホテル・旅館等を有する複合用途の建物。

申請時期

平成26年4月1日から申請することができます。

 

  

 

119番のかけ方AEDバナー用キッズページバナー救命入門コースバナー救急医療電話相談バナー応急手当