ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

特定不妊治療費用の助成

シェア

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年4月1日更新

阿賀野市では赤ちゃんが欲しいけれどもなかなか授からないご夫婦の方々に対して治療費を助成しています。

対象者

特定不妊治療(体外受精および顕微授精)を受けた法律上の婚姻をしている夫婦であって、次の全てに該当する方。

  • 特定不妊治療以外の治療法では妊娠の見込みがないか、または極めて少ないと医師に診断された方
  • 夫婦の両方が、申請時において市内に住所を有している方
  • 市税等の滞納がない方
  • 治療期間の初日における妻の年齢が43歳未満である方

助成の内容

  • 1治療当たり15万円を限度。(ただし、新潟県特定不妊治療費助成事業の助成を受けることができる場合は、その要した費用の額から県の助成額を控除した額を特定不妊治療に要した額として算定)
  • 通算5回助成。(年度内の助成回数の制限はありません)

※入院費、食事療養費等は助成対象外。

申請方法

原則として治療を終了した年度内に、健康推進課(水原保健センター内)へ申請してください。年度内の申請が間に合わない場合は、早めに相談ください。

必要書類

※必要書類は、県への助成申請の際に使用した書類の写しでも使用可能なものあります。詳しくは問い合わせください。 

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)