ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

子ども医療費助成

シェア

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年4月1日更新

平成28年4月から助成対象年齢が拡大しました!

子ども医療費助成の対象年齢は、これまで入院・通院ともに中学校卒業まで(子どもが3人以上いる世帯は高校卒業まで)となっていましたが、4月1日から全ての子どもについて高校卒業まで拡大しました。

 

子ども医療費助成の概要

子どもが病気やけがをしたときの医療費の一部を助成します。
子どもの疾病の早期発見と早期治療を促進し、子どもの保健の向上と福祉の増進を図るための事業です。
出生届および転入届の際に手続きをします。

医療費の助成対象者

阿賀野市に住民登録のある子どもの保護者

医療費の助成対象期間

入院、通院ともに高校卒業まで

※「高校卒業まで」とは、「満18歳に達した日以後の最初の3月31日まで」のことをいいます。

自己負担(一部負担金)の金額

  • 通院1回につき530円
    ※同じ医療機関・診療科で、月4回まで負担。5回目以降は無料。
  • 入院1日につき1,200円
    ※保険適用外(差額ベッド代、病衣利用料等)は助成対象外

申請手続

助成を受けるには、子ども医療費受給者証が必要です。
市役所社会福祉課児童福祉係または各支所福祉担当で申請手続をしてください。

申請に必要なもの

  • 印鑑
  • 子どもの健康保険証(出生届にともなう申請のときは、加入予定のもの)

子ども医療費受給者証の使い方

医療機関等で診療を受ける際、医療機関等の窓口へ保険証と受給者証を提示してください。
ただし、新潟県外の医療機関では使えませんのでご注意ください。(償還払い対応)

償還払い

県外の医療機関等で受診し、通常の自己負担割合(2割もしくは3割)の額を支払ったときは、償還払いの申請をしてください。審査後に助成額を指定口座へ振り込みます。
ただし、受診した月の末日から6か月以内に申請したものに限ります。

申請に必要なもの

  • 保険点数の記載のある領収書
  • 受診した子どもの健康保険証
  • 子ども医療費受給者証
  • 受給者(保護者)の通帳
  • 印鑑

※保険証を提示せず10割負担となった場合は、必要書類が異なりますので、社会福祉課児童福祉係へ問い合わせください。