ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

こどもの予防接種について

シェア

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年4月26日更新
  • 長期にわたる疾病等のため定期接種を受けられなかった人に対する機会が確保されました。詳細については問い合わせください。
  • 接種時期を過ぎることないように注意して接種を受けるようにしてください。対象年齢を過ぎた場合、全て有料となります。

予防接種の種類

予防接種名

対象者

接種方法

接種場所

水痘(水ぼうそう)

1歳から3歳未満

3か月以上の間隔をおいて、合計2回皮下に接種。

委託医療機関

BCG

生後1歳未満

1回(標準接種年齢は生後5から8か月に至るまで)

委託医療機関

四種混合
(ジフテリア・百日せき・破傷風・急性灰白髄炎)
ポリオ
(急性灰白髄炎)

生後3か月から90か月(7歳半)未満

1期初回は3週間から8週間の間隔をおいて3回。
(標準接種年齢は生後3から12か月に至るまで)

1期追加は1期初回終了後6か月以上の間隔をおいて1回。
(標準接種年齢は1期初回終了後12か月から18か月)

委託医療機関

二種混合(ジフテリア・破傷風)

11歳以上13歳未満

三種混合の2期として1回。

委託医療機関

麻しん・風しん

1期
生後12か月から24か月未満

2期
5歳以上7歳未満で小学校入学前の1年間

1期は1回受けます。1歳になったら早めに受けましょう。

2期は1回。

委託医療機関

日本脳炎

1期
生後6か月から90か月(7歳半)未満

2期
9歳から13歳未満

※1期・2期ともに特例として、平成7年4月2日から平成19年4月1日生まれの20歳未満で、日本脳炎の接種が不十分な方

1期初回は1週間から4週間(6から28日)の間隔をおいて2回受けます。(標準接種年齢は3歳)

1期追加は1期初回終了後おおよそ1年後に1回受けます。(標準接種年齢は4歳)

2期は1回。

委託医療機関

ヒブ

生後2か月から60か月(5歳)未満
※接種開始年齢で接種回数が異なります。

初回接種は4週間から8週間の間隔をおいて3回受けます。(標準接種年齢は生後2から7か月に至るまで)

追加接種は初回終了後7か月から13か月の間隔をおく。

委託医療機関

小児用肺炎球菌

生後2か月から60か月(5歳)未満
※接種開始年齢で接種回数が異なります。

初回接種は27日以上の間隔をおいて3回受けます。(標準接種年齢は生後2から7か月に至るまで)

追加接種は初回終了後60日以上の間隔をおいて、かつ生後12か月から15か月に至るまで。

委託医療機関

B型肝炎生後1歳未満

3回(標準的な接種期間は生後2か月から9か月に至るまで)
27日以上の間隔をあけて2回接種した後、1回目の接種から20週以上(139日以上)の間隔をあけて1回接種。

委託医療機関

子宮頸がん予防
(2価ワクチンと4価ワクチンがあります)

小学校6年生から高校1年生

3回接種。※同一のワクチンで3回接種。

委託医療機関

予防接種実施医療機関一覧 (平成29年4月1日現在)

医療機関名B型肝炎水痘BCG四種混合不活化ポリオ二種混合麻しん、風しん(混合)日本脳炎ヒブ小児用肺炎球菌子宮頸がん
うえき内科クリニック
電話61-2200
  
うちだ内科医院
電話61-2020
     
(2期のみ)
 
(2期のみ)
  
京ヶ瀬診療所
電話67-4356
     
(2期のみ)
 

 

 

 
4価のみ
鈴木医院
電話61-4050
      
(2期のみ)
   
田中皮膚科医院
電話63-2222
    
(2期のみ)
 
(2期のみ)
   
永田医院
電話62-2412
     
(2期のみ)
    
安田診療所
電話68-2148
     


(2期のみ)

 
(2期のみ)
  
4価のみ
やまざき小児科
電話62-8500
(予約専用電話62-8555)※同時接種希望の場合は、代表電話へ

代表電話へ

あがの市民病院 小児科
電話62-2780
予約時間:午後1時から4時30分


小児科
※学生以外は
産婦人科

※麻しんまたは風しんにかかったことがある場合、単抗原(麻しんまたは風疹のみ)ワクチンを接種します。ただし、不明な場合はかかっていないものとして混合ワクチンを接種します。
※○印は、医療機関が実施する予防接種です。
※予防接種は、ワクチン等の準備がありますので、必ず予約してから受けてください。
※市外の医療機関でも接種することができますが、その場合も必ず予約してから受けてください。