ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

白鳥の渡来情報

シェア

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年3月1日更新

瓢湖ライブカメラ

新潟県阿賀野市にある瓢湖の今の姿を見ることができるライブカメラ。渡り鳥たちが湖面で過ごす様子を 3分間隔のリアルタイム映像で確認できます。 

瓢湖ライブカメラ01瓢湖ライブカメラ02

白鳥数の推移

飛来数推移グラフ

白鳥の渡来情報

3月1日 0羽

本日の調査にて、ケガなどでシベリアに帰れないハクチョウだけとなりました。
今シーズンの渡来情報は終了となります。
瓢湖には四季を通じサクラ・アヤメ・ハスなどさまざまな花の観賞や野鳥の観察ができます。
北側の遊歩道も整備され歩きやすくなりました。ぜひ瓢湖水きん公園に訪れて、草花の観賞や野鳥の観察、ウォーキングなどを楽しんでください。

2月22日 667羽

今週、白鳥の数が大きく減りました。今年度は気温が高かったため、早めに移動しているのかもしれません。

6時半から7時にかけ餌を求めて飛び立っていきました。

2月15日1,877羽

2月16日(土曜日)夜7時から放送の「天才!志村どうぶつ園」2時間スペシャルの中で瓢湖が取り上げられます。
ぜひ、ご覧ください。

2月8日 1,537羽

本日朝の気温はマイナス2℃。ハクチョウの数も先週にくらべ減少しています。

2月1日 2,150羽

日本にほとんど飛来しない「コスズガモ」を桟橋付近で観察することができました。珍しい鳥が飛来していますので、ぜひ見にきてください。

1月25日 2,479羽

朝6時の気温は0℃、朝7時~9時にかけ餌を求めて近くの水田へ飛び立つ様子が観察できます。

1月18日 2,263羽

積雪の影響で飛来数が13日にくらべ1,665羽減少しました。

早朝の瓢湖 早朝の瓢湖

1月13日 3,928羽

今年は積雪もなく多くのハクチョウが瓢湖にとどまっています。

1月4日 3,761羽

本日もハクチョウの飛び立つ時間が遅く9時過ぎまで観察することができました。

12月28日 3,738羽

本日の朝の気温は0℃、積雪は1センチメートル。年末年始も9時・11時・15時に白鳥おじさんの餌付けを行います。天気予報は曇りや雪のようですが、ハクチョウ・カモなどを見にぜひお越しください。

12月21日 3,993羽

本日は飛び立つ時間が遅く、9時の給餌のときも多くのハクチョウが集まっていました。

9時の給餌の様子

12月14日 3,977羽

渡来数調査のときに、ミコアイサを観察することができました。オスは白い体に目の周りが黒く縁どられていることから、パンダガモの愛称でも呼ばれます。小魚などを好んで食べるため餌を求めて潜水します。

12月7日 4,711羽

週末の天気予報に雪マークが出ています。今シーズン初めて雪が降りそうです。お越しの際は足元に注意してください。

11月30日 4,826羽

飛び立った白鳥は水田で食事をしていますので、瓢湖に来る途中の水田や周辺の水田で白鳥を見ることができます。

11月22日 4,977羽

早朝7~8時頃に多くが飛び立っていきます。飛び立ちが重なり100羽以上がと飛び立っていくようすは圧巻です。

早朝の瓢湖

11月16日 5,572羽

本日朝の気温は4℃。早朝来られる際は、防寒対策をして来てください。

早朝の瓢湖 早朝の瓢湖 早朝の瓢湖

11月9日 4,643羽

朝の瓢湖の気温は17℃。この時期にしては暖かい朝でした。

11月2日 5,091羽

渡来数が5,000羽を超えました。
本日の飛び立ちは、6時頃から始まりました。

10月26日 3,342羽

本日の朝6時の気温は6℃。早朝来られる際は寒くないよう防寒対策をして来てください。

早朝の瓢湖

10月19日 2,853羽

 たくさんいる白鳥も8時を過ぎるとほとんど飛び立ってしまいます。ぜひ、早起きして白鳥の飛び立つ姿をご覧ください。

10月12日 295羽

 白鳥は朝の6時から7時にかけて飛び立ちます。夕方4時ころから瓢湖に帰ってきます。日中はカモ類等の野鳥を近くから観察することができます。

白鳥おじさん活動開始!

10月15日(月曜日)から白鳥おじさんの活動が始まります。

午前9時、午前11時、午後3時の1日3回、白鳥おじさんが餌付けを行います。
白鳥やその他の水鳥がたくさん集まりますので、瓢湖を訪れる際はこの時間がおすすめです。

※火曜日・水曜日は行いません。

「白鳥おじさん」とは

昭和29年、故吉川重三郎さんが日本で初めて野生の白鳥の餌付けに成功したことで全国的に有名となりました。
2代目故吉川繁男さんが平成6年に高齢を理由に引退してから20年近く不在となっていましたが、平成25年1月に3代目白鳥おじさんの齊藤功さんが就任しました。今年度も白鳥の餌付けや観光客のガイドを行います。

10月5日 16羽

 早朝には16羽の白鳥が確認されました。飛来数調査は毎週金曜日の早朝に実施され、飛来数の報告も併せて更新されていきます。日中には13羽の飛来も確認され、今後も増えていくと思われます。 

10月4日 8羽

今シーズン初となるコハクチョウ8羽が瓢湖に渡来したことを確認しました。

(参考 前年度初確認:10月4日4羽、最多渡来:11月17日5,997羽、最終確認3月16日)

hatuhirai  hatuhitrai

過去の白鳥渡来情報

平成29年度白鳥渡来情報 [PDFファイル/435KB]

瓢湖のその他鳥類

ヒドリガモ、アメリカヒドリ、マガモ、カルガモ、オナガガモ、コガモ、キンクロハジロ、ハシビロガモ、ホシハジロなどのカモ類やアオサギ、ダイサギ、コサギ、オオバンなどの鳥類も見ることができます。

瓢湖の植物

春から夏にかけて、桜、あやめ、ハスなどを楽しむことができます。

詳細はこちらのページをご覧ください。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)