ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 分類でさがす > くらしの情報 > 移住政策 > 移住 > 田舎暮らしを阿賀野市で始めませんか

暮らそうよ「五頭山が見えるまち」で

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年7月18日更新

阿賀野市での暮らしをイメージしよう

五頭連峰を背に、美しい田園風景が広がる阿賀野市。

県都新潟市へ通勤圏内でありながら地価が低く、子育て支援も充実しています。

自然いっぱい、暮らしの楽しみいっぱいの阿賀野市へ、ぜひお越しください。

暮らし方が選べる!

平成16年度に2町2村(安田町、京ヶ瀬村、水原町、笹神村)が合併して「阿賀野市」が誕生しました。

地区毎に特徴があり、自分に合った暮らしが見つかります。

地区イラスト

ゆったりと暮らせる!

人口は約4万3千人、総面積は約190平方メートル(東西約20km、南北約15km)です。

東京都八王子市とほぼ同じ面積ですが、人口密度は約13分の1、ゆったり暮らしています。

阿賀野市人口密度イラスト八王子市人口密度イラスト

広い家に住める!

住宅地の土地平均価格は、東京都八王子市の約10分の1、県都新潟市の約4分の1と低く、住宅取得費の助成もあります(最高100万円)。

小雪なうえ、住宅地の道路には消雪パイプが整備されています。

住宅地と消雪パイプの写真

地場産食材が充実!

商店街、スーパー、ホームセンターなどがあり、日用品の購入には困りません。

地場産の食材にこだわった飲食店や、地元農家の直売所が充実しています。

スーパーの産直野菜売り場

自然体験で育てる!

子育て支援センター(9ヵ所)、保育園(4ヵ所)、認定こども園(10ヵ所)、幼稚園(4ヵ所)、小学校(8ヵ所)、中学校(4ヵ所)、高等学校(1ヵ所)があります。

県内でも唯一の市立の自然の家があり、登山や沢登りの機会が充実しています。

小学生の沢登り教室の写真

英語教育も充実!

子育て支援センターでは、親子で遊びながら英語に触れられるイベントを毎月開催しています。

公民館では、小学生から一般市民を対象とした英語塾を無料で開講し、人気の講座となっています。

子育て支援センターの英語教室

頼りになる医療機関!

病院(2ヵ所)、一般診療所(16ヵ所)、歯科診療所(18ヵ所)があります。

地域医療の拠点となる「あがの市民病院」には、子育て支援センターが併設されており、病児保育や一時預かりを利用できます。

あがの市民病院の写真

新潟駅も通勤圏内!

新潟駅まで車で30分とアクセスがよく、県都新潟市への通勤・通学割合は近隣市町村No.1です。

駅はJR羽越本線の京ヶ瀬駅水原駅神山駅の3ヵ所。路線バス高速バスも運行しています。

国道49号線の写真

移住体験談を読んでみよう!

県のU・Iターン総合サイト「にいがた暮らし」では、阿賀野市へ移住した人の体験談を紹介しています。

→詳しくはこちら(新しいウィンドウで開きます)

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?
※1いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。