ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 分類でさがす > 市政情報 > 市政運営・行政改革 > 報道発表・記者会見 > 報道発表・定例記者会見 > 【報道発表】阿賀野市消防本部管内の平成30 年中の火災・救急・救助概要

【報道発表】阿賀野市消防本部管内の平成30 年中の火災・救急・救助概要

シェア

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年1月30日更新

火災概要

 火災件数は22 件(前年比12 件増)で、死者はなく(前年比1 人減)、負傷者は2 人(前年比1 人減)でした。
 出火原因別では、「電気装置」が4 件、「こんろ」と「排気管」が3 件、「ストーブ」が2 件、「たき火」、「火入れ」、「ボイラー」、「電気機器」が各1 件、「その他」が3 件、「不明」が3 件でした。
 平成26 年から平成30 年までの5 年間の火災件数については、1 年ごとに増減を繰り返す傾向にあります。引き続き、市ホームページや広報紙などで住宅用火災警報器の設置率向上を呼び掛けるとともに、火災予防の啓発活動を推進し、火災件数の減少に向けて働き掛けていきます。

救急概要

 救急出動件数は1,828 件(前年比57 件増)で、搬送人員は1,605 人(前年比54 人増)でした。
 搬送人員のうち、事故種別では「急病」が1,064 人(前年比54 人増)、年齢別では65 歳以上の「高齢者」が1,082 人(前年比98 人増)、傷病程度では「軽症」が735 人(前年比17 人増)でした。
 高齢者の搬送人員が3 年連続で増加しており、救急出動件数は増える傾向にあります。

救助概要

 救助出動件数は27 件(前年比2 件増)でした。
 事故種別では、「交通事故」が17 件(前年比4 件増)で最も多く、救助出動件数の62.9%を占めています。
 救助出動件数は過去3 年間、25 件前後で推移しており、大幅な増減はありませんでした。

ダウンロード

 報道資料 [PDFファイル/240KB]

問い合わせ

担当:消防本部 予防課 渡邉・防災課 音田
電話:0250-62-2058
電子メール:fd.agano@carrot.ocn.ne.jp

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)