ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 分類でさがす > 市政情報 > 市政運営・行政改革 > 報道発表・記者会見 > 報道発表・定例記者会見 > 【報道発表】浄水発生土に含まれる放射性物質の分析検査を行いました

【報道発表】浄水発生土に含まれる放射性物質の分析検査を行いました

シェア

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年9月28日更新

 阿賀野市上下水道局が管理する浄水場の浄水発生土について、分析検査を行ったところ、次のとおりとなりました。

採取場所

 大室浄水場 天日乾燥床 No.5、6

採取日

 平成29年9月11日

分析機関

 一般財団法人 新潟県環境衛生研究所

放射性物質検査結果(ウェットベース)

                                                   (単位:Bq/Kg)

場所ヨウ素-131セシウム-134セシウム-137セシウム 合計
天日乾燥床No.5検出しない検出しない2929
天日乾燥床No.6検出しない検出しない4545

その他

  • 今回検査を行った浄水発生土は、平成29年3月3日から平成29年6月29日までの浄水処理作業で発生したものです。
  • 毎週1回、浄水発生土保管場所周辺及び隣接境界で空間放射線量測定を行い、新潟県における通常線量の範囲(0.016~0.16μSV/h)であることを確認しています。

ダウンロード

 報道発表資料 [PDFファイル/211KB]

問い合わせ

 担当:上下水道局 大室浄水場 工藤
 電話:0250-62-6382
 電子メール:oomurojo@alpha.ocn.ne.jp

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)