ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

持続化給付金の対象が拡大されました

シェア

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年7月16日更新

持続化給付金とは

 新型コロナウイルス感染症拡大により、特に大きな影響を受ける事業者に対して、事業の継続を下支えし、再起の糧としていただくため、事業全般に広く伝える給付金を国が支給するものです。

持続化給付金に関するお知らせ(経済産業省ホームページ)

【新着情報】持続化給付金の対象が拡大されました。

これまで対象となっていなかった、以下の事業者が新たに対象となりました。

 1 主たる収入を雑所得または給与所得として確定申告したフリーランスを含む個人事業者の方

 2 2020年1月から3月の間に新規創業された事業者の方

支援対象拡大について(外部サイト)

1 給付額

中小法人は200万円、個人事業者は100万円
※ただし、昨年1年間の売上からの減少分を上限

□売上減少分の計算方法□
  前年の総売上(事業収入)-(前月同月比▲50%月の売上×12カ月)

2 給付対象の主な要件

※商工業に限らず、以下を満たす幅広い業種が対象です。

1 新型コロナウイルス感染症の影響により、ひと月の売上が前年同月比で50%以上減少している事業者。

2 2019年以前から事業による事業収入(売上)を得ており、今後も事業を継続する意思がある事業者。

3 法人の場合は、
 (1)資本金の額または出資の総額が10億円未満、または、
 (2)上記の定めがない場合、常時使用する従業員の数が2,000人以下
 である事業者。

※2019年に創業した方や売上が一定期間に偏在している方などには特例があります。
※一度給付を受けた方は、再度給付申請することができません。
※詳細は申請要領等をご確認ください。

3 申請期間・申請方法 

令和2年5月1日(金曜日)から令和3年1月15日(金曜日)まで
※電子申請の送信完了の締め切りが令和3年1月15日(金曜日)の24時までとなります。

申請方法や受付要領等の詳細は、持続化給付金のホームページをご覧ください。

持続化給付金HP(外部サイト)

4 申請サポート会場について

    経済産業省では、自分で電子申請を行うことが困難な方のために、「申請サポート会場」を開設しており、
    電子申請の手続きをサポートをしています。       

    なお、「申請サポート会場」は新型コロナウイルス感染防止の観点から、完全事前予約制とします。
    事前予約なしにご来場いただいてもサポートが受けられませんので、ご注意ください。

    申請サポート会場について(経済産業省HP)

5 問い合わせ

持続化給付金事業コールセンター
0120-115-570  または  03-6831-0613 [IP電話専用回線]

受付時間 8時30分~19時00分(土曜日を除く)
※「持続化給付金」を装った詐欺にご注意ください。

 

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)