ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 分類でさがす > くらしの情報 > 消防・防災 > 避難 > 防災・安心情報 > 新型コロナウイルス感染症を踏まえた災害時の避難について

新型コロナウイルス感染症を踏まえた災害時の避難について

シェア

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年6月1日更新

新型コロナウイルス感染症を踏まえた災害時の避難  新型コロナウイルス感染症を踏まえた災害時の避難

 新型コロナウイルス感染症を踏まえた災害時の避難 [PDFファイル/230KB]

 新型コロナウイルスの感染のおそれがある状況において、災害が発生し、避難所を開設する場合は、感染症対策に万全を期すことが重要になります。
 地震や洪水などの災害が起きた場合に備え、事前の準備や災害時の行動について確認をお願いします。

災害の危険性の確認

 自分が住んでいる地域の危険性をハザードマップ等で確認してください。
 ハザードマップについては、こちらをご覧ください。

避難行動の確認

避難情報(警戒レベル)の意味を正しく理解しましょう

 災害時に適切な避難行動をとるためには、市が発令する避難情報や警戒レベルを正しく理解する必要があります。
 警戒レベル3では高齢者等の避難に時間のかかる人が、警戒レベル4では全員が避難してください。ただし、安全な場所にいる人は避難する必要はありません。

避難情報のポイント  避難情報のポイント

 避難情報のポイント [PDFファイル/1.8MB]

安全な場所に留まることも避難です

 「避難」とは「難」を「避」けることです。今いる場所が安全であれば、そこに留まることも避難の一つです。避難所への移動だけが避難ではありません。自宅が洪水の浸水想定区域内であっても、次のような場合では自宅に留まり安全確保することも可能です。

  1. 洪水・土砂災害により家屋が倒壊・崩落してしまうおそれが高い区域の外側である
  2. 浸水する深さよりも高いところにいる
  3. 浸水しても水がひくまで我慢でき、水や食料などの備えがある

親戚宅や知人宅等への避難についても検討してください

 避難先は市が指定している避難所だけではありません。避難所が過密な状態になることを避けるため、避難所を開設する際は、なるべく広いスペースを避難者向けに確保するよう努めることとしていますが、発熱・咳等の症状がない人は、可能な場合は親戚宅や知人宅等への避難を検討してください。災害時に避難所に行く必要があるかどうかは、避難行動判定フローで確認してください。

避難行動判定フロー  避難行動判定フロー

 避難行動判定フロー [PDFファイル/1.74MB]

避難所に向かうときの持ち物

 避難する際に持ち出す最低限のものをリュック等に入れて、すぐに持ち出せる場所に用意しておきましょう。

避難する際の持ち物(例)

  • 携帯電話
  • モバイルバッテリー
  • 懐中電灯
  • 携帯ラジオ
  • 電池
  • 生活用品
  • 非常食
  • 携帯トイレ
  • 身分証明書
  • お金
  • ヘルメット
  • 通帳・印鑑

感染症対策としての持ち物(例)

  • マスク(ない場合はハンカチ・タオル類)
  • 消毒液
  • ウエットティッシュ
  • 体温計 など

避難所での注意点

 なるべくマスクを持参し、着用してください。マスクのない人はハンカチ・タオル類を持参してください。発熱・咳等の症状がある人のため、避難所内では可能な限り、スペース・トイレ・動線を分けますのでご協力ください。
 その他、次の点についてご協力をお願いします。

  1. 発熱・咳等の症状がある人、強いだるさ(けんたい感)や息苦しさがある人は職員に申し出てください。
  2. お互いに一定程度の距離を保ってください。
  3. こまめに石鹸で手を洗い、洗っていない手で目や鼻、口などを触らないようにしてください。
  4. 咳エチケットを心掛けてください。マスクのない人は、咳やくしゃみをする時にハンカチなどで口を押さえてください。手で口を押さえて咳やくしゃみをした時は、速やかに手を洗ってください。
  5. 避難者同士で協力し合い、窓を開けるなど定期的に換気をしてください。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)