ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 分類でさがす > くらしの情報 > 消防・防災 > 危機管理・防災 > 防災・安心情報 > 避難勧告等の避難情報を5段階の警戒レベルを用いて発令します

避難勧告等の避難情報を5段階の警戒レベルを用いて発令します

シェア

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年6月7日更新

 気象庁が発表する注意報や、市が発令する避難準備・高齢者等避難開始や避難勧告などの避難情報を5段階の「警戒レベル」を用いて伝達します。警戒レベルを用いることで、取るべき避難行動が直感的に分かるようになります。

警戒レベルの内容

警戒レベル取るべき避難行動避難情報等
警戒レベル5すでに災害が発生している状況です。命を守るための最善の行動を取りましょう。災害発生情報
(阿賀野市が発令)
警戒レベル4
(全員避難)
速やかに避難場所へ避難しましょう。
避難場所への移動が危険と思われる場合は、近くの安全な場所や、自宅内のより安全な場所に避難しましょう。
避難勧告、避難指示(緊急)
(阿賀野市が発令)
警戒レベル3
(高齢者等は避難)
避難に時間のかかる人(高齢者や障がいのある人、乳幼児等)とその支援者は避難を開始しましょう。
その他の人は、避難の準備をしましょう。
避難準備・高齢者等避難開始
(阿賀野市が発令)
警戒レベル2避難に備え、ハザードマップなどにより、自らの避難行動を確認しましょう。洪水注意報、大雨注意報
(気象庁が発表)
警戒レベル1災害への心構えを高めましょう。早期注意情報
(気象庁が発表)

 避難準備・高齢者等避難開始は警戒レベル3として発令し、高齢者等が避難するタイミングです。避難勧告は警戒レベル4として発令し、全員が避難するタイミングです。 避難指示(緊急)も警戒レベル4として発令し、災害が発生するおそれが極めて高い状況等で、緊急的に・重ねて避難を促すものです。
 災害発生情報は、災害が実際に発生していることを把握した場合に、可能な範囲で警戒レベル5として発令し、災害の発生を伝え、命を守る最善の行動を促します。
 今後は、「レベル3で高齢者等は避難」「レベル4で全員避難」するようにし、レベルに沿った行動を取るようにしてください。

※警戒レベルは必ずしもこの順番で発令されるとは限りませんので、注意してください。

警戒レベルの伝達方法

 警戒レベルは、避難勧告などの避難情報と併せて伝達します。

伝達文例

 「○○地区に洪水に関する警戒レベル4、避難勧告を発令しました。○○地区にお住まいの方は、速やかに全員避難してください。」

 このような内容で、防災行政無線(戸別受信機)や緊急告知FMラジオ、安全安心メール、市ホームページなどを用いて伝達します。

警戒レベルに関するチラシ

 警戒レベルに関するチラシはこちら [PDFファイル/6.12MB]

問い合わせ

 危機管理課危機管理係
 電話:0250-25-7194

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)