ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

非常持ち出し品を準備しましょう

シェア

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年1月5日更新

 地震や台風などの災害はいつ起こるか分かりません。災害に備えて、非常持ち出し品を用意しましょう。

避難所での生活

 地震や台風等の災害により自宅が被災した場合は、避難所で避難生活を送ることになります。避難所は普段暮らしている自宅とは全く異なる環境です。避難所での生活に備えて、普段から非常持ち出し品を用意しておくことが必要です。

用意するもの

 非常持ち出し品の例としては、次のものが挙げられます。ただし、各家族や個人によって必要なものは変わってきます。「もし避難所で生活することになったら何が必要か?」ということを考えて、必要なものを用意しましょう。用意したものはリュックサックなどに入れ、すぐに持ち出せる場所・目に付きやすい場所に置いておきましょう。

非常持ち出し品チェックリスト

貴重品

□小銭
□預金通帳
□印鑑
□健康保険証
□免許証

避難用具

□懐中電灯
□携帯ラジオ
□予備の乾電池
□ヘルメット

生活用品

□厚手の手袋
□毛布
□ライター・マッチ
□ナイフ
□携帯用トイレ
□ウェットティッシュ
□生理用品

救急用具

□お薬手帳
□持病薬・常備薬

非常食品(最低3食)

□乾パン
□缶詰
□栄養補助食品
□あめ・チョコレート
□飲料水

衣料品

□下着
□長袖・長ズボン
□防寒用ジャケット

その他

□各自必要なもの

定期的に確認

 非常持ち出し品は準備して終わりではありません。食料や飲料水の賞味期限や薬品・電池の使用期限等を確認し、定期的に新しいものに交換することが重要です。衣類についても、季節に応じたものを用意しておくと安心です。年に2回は確認することをおすすめします。

問い合わせ

 危機管理課危機管理係
 電話:0250-25-7194